生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 謎の日付!実は世界に存在していた幻の2月30日とは

謎の日付!実は世界に存在していた幻の2月30日とは

2014年02月27日作成

 views

お気に入り

目次

海外の旧暦では2月30日が存在していた!?

「2月は28日までで、閏年のときだけ29日がある。30日は存在しない」これが現在世界各国が使用しているグレゴリオ暦の常識ですし、私たちもその通りに過ごしています。

まさか、2月30日生まれで誕生日のない人がいるなんて考えたこともないかもしれませんね。しかし海外の旧暦ではどうでしょうか?

なんとこの世界には、2月30日があったそうです。ここでは、実は存在していた2月30日についてご紹介します。

スウェーデンでは…

改暦計画

グレゴリオ暦が世界に交付されてから、それまでユリウス・カエサルが作った「ユリウス暦」という太陽暦を使用していたスウェーデンは、徐々にグレゴリオ暦へ改暦することを目指しました。

ところが、当時グレゴリオ暦はユリウス暦よりも11日早く進んでいたため、たとえば1月1日の翌日を1月13日にするなど、大きく調整しなくてはなりませんでした。そこでスウェーデンは閏年を間引いて少しずつグレゴリオ暦に近づけるように計画したのです。

改暦失敗

スウェーデンは1700年から1740年までの閏年をすべて平年(※2月28日まで29日はなし)にする計画をしました。そして計画通りに、まずは1700年の閏年を平年にしました。

しかしその次からが問題でした。この計画に反して、戦争が始まってしまったので1704年、1708年を平年にできなくなってしまったのです。この結果、スウェーデンはグレゴリオ暦でもユリウス暦でもない日付を刻む国になってしまったのでした。ドジっ子スウェーデンですね。

ユリウス暦に戻すことに

当然ですが、他国と日付が全く噛み合わなくなり、大変不便でした。そのため、スウェーデンはひとまずユリウス暦に戻すことにしました。

そこで1712年に挿入されたのが、2日間の閏日です。2月に29日、そして30日が追加されました。これがスウェーデンで1712年2月30日が存在するに至ってしまった理由です。

その後にも2月30日が存在したかは明確ではないのですが、スウェーデンのグレゴリオ暦への改暦は、結局1753年に行われました。

ソビエトでは…

ソビエト連邦では1918年にグレゴリオ暦が導入された後、1929年に改暦が行われ、週5日制のソビエト連邦暦が採用されました。

翌年1930年に、「全部の月の日数を30日とし、あまった5日(閏年は6日)はどの月にも属さない日として計上する」という独自ルールを追加しようとしましたが、他ヨーロッパ諸国のグレゴリオ暦とやはり日付がかけ離れてしまうため、政府はこれを採用せず、2月30日の存在は幻となってしまいました。

その後、1940年にソビエト連邦暦は廃止され、グレゴリオ暦による週7日制の曜日へと一本化されました。

非公式の2月30日

初期ユリウス暦

13世紀の天文・暦学者ヨハネス・ド・サクロボスコは、古代ローマの紀元前44年から紀元前8年までには、2月30日が存在したと主張したそうです。しかしこれを裏付ける当時の記述がなかったので、疑わしいとされています。

世界暦

太陽暦の一種である世界暦という暦にも、毎年2月30日が登場するそうです。しかしこの暦が公式に施行されたことはないので、世界暦としての2月30日は公式には存在しないですね。

おわりに

2月は28日か29日で終わるものだというのが常識なので、2月30日の存在は驚いてしまいます。ただでさえ閏日生まれの人は戸惑うのに、過去に2月30日に生まれた人はもっと困惑していたでしょうね。

とはいえ、今回ご紹介しているのは過去の出来事なので、俗説も多く、未だにわからないことも多いようです。

幻の2月30日、暦の調整でたまたま挿入されたとはいえ、混乱の歴史を感じる日付です。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140219175706 530471e265b9e

本記事は、2014年02月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る