生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. もしものときもこれでOK?警視庁警備部防災課が教える、いざというときに非常食になる食べ物

もしものときもこれでOK?警視庁警備部防災課が教える、いざというときに非常食になる食べ物

2014年02月26日作成

 views

お気に入り

水や乾パン、缶詰やレトルト米などのご飯を、災害時に備えて食料を備蓄している人も多いのではないでしょうか。しかし、そのセットだけで十分ですか?

「災害対策のプロ」である警視庁警備部災害対策課の公式Twitterでは、備蓄食料に関する情報も紹介されています。まだ食料の備蓄がないという人のためにも、おすすめ品をご紹介します!

備えておきたいおすすめの食料

エネルギーたっぷり「チョコレート」

チョコレートは登山する人などもよく持っていくと言われる、高カロリーな食べ物です。カロリーが高いので、少し食べただけでもしっかりとエネルギーを確保することができます。

たんぱく質豊富な「豆」

節分に使った福豆など、普段あまり食べない豆類も備蓄食料としてオススメです。お肉などがなかなか食べられない災害時に、たんぱく質をしっかり補給してくれます。

常温でも食べられる?「レトルトカレー」

最近では常備用として、常温でも食べられるカレーが販売されています。カレーは火にかけないと食べられないと思いがちですが、常温でも食べられるのは嬉しいですよね。

食料を備蓄するポイント

食品選びにもコツが

好きなものやよく食べるものを備えておくと非常時にも気持ちよく食べられますが、1つ心配なのが賞味期限です。備蓄食料を定期的にチェックしないという人は、できるだけ期限の長いものを用意しておくと、いざというときにも安心して食べることができます。

また、持ち運びのときの重さを考えたり、水が使えなくないときの食べやすさなども考えて選ぶとよいでしょう。

保存期限をチェック

食料は備蓄しただけで満足してはいけません。食品には消費期限や保存期限があるため、それまでに食べきらなくてはいけません。もしものときに期限切れで食べられないなんてことにならないようにしましょう。

東日本大震災の際に飲料水を備蓄された方は、水の賞味期限をチェックしてみましょう。そろそろ替えどきかもしれません。

非常食を食べてみる

保存期限を切らさないためにオススメなのが、「非常食を食べる日」を作ることです。毎年新しい備蓄食料に替えられるだけでなく、災害時の食事をすこしでも体験することができます。

災害時にも空腹で困らないようにしましょう

備蓄食料におすすめの食品や、備蓄するときのポイントを紹介しました。非常時にも、空腹で困ることがないよう、しっかり備えておきましょう。

(image by amanaimages 1 2 3 4)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140226155508 530d8fccc5ce2
  • 20140226150645 530d8475d436d
  • 20140226150709 530d848d66826
  • 20140226150751 530d84b7d4b04

本記事は、2014年02月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る