生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 何を用意すればいいの?警視庁の災害対策課が教える「非常持出袋」に入れておきたいもの

何を用意すればいいの?警視庁の災害対策課が教える「非常持出袋」に入れておきたいもの

2014年02月26日作成

 views

お気に入り

よく「非常持ち出し袋の中身を用意しよう」とは聞くけれど、「まだ用意していない・何を用意すればいいのかわからない」ということはありませんか。そんな時、リュックの中に何を入れておけばいいのか…リストが欲しいですよね。

大地震はいつ起きるかわかりません。非常用持ち出し袋のセットをすぐにでも用意しましょう。

この記事では「災害対策のプロ」である警視庁警備部災害対策課の公式Twitterが紹介している「非常持出袋には何を入れておくべきもの」をご紹介します。

目次

非常持ち出し袋の中身

マスク

マスクは、粉塵や煙から肺を守るだけでなく、インフルエンザなどの感染病も予防してくれるなど、あらゆる場面で活躍します。冬場には、マスクをしているだけで体感温度も上がるので、寒さ対策にも役立ちます。

常備薬・お薬手帳・処方箋のコピー

緊急避難時には、すぐに医者にかかることができなくなる場合があります。もしものときのために、風邪薬や痛み止めなどの常備薬を用意しておくと安心です。

また、持病がある方などは、すぐに同じ薬が用意できるように、「お薬手帳」や処方箋のコピーをもっておくと便利です。

簡易トイレ

災害時には断水でトイレが流せなくなったり、室内に閉じ込められたりします。そんなときに、便をそのまま出すわけにもいきませんよね。携帯トイレを用意しておけば、トイレが使えない状況でも安心して用をたす事ができます。

防寒具

夏場に非常持出袋を用意すると忘れがちなのが、「防寒具」です。災害はいつ起きるかわかりません。夏場に用意した持ち出し袋を、冬場に使うということもあります。

夜に暖房が使えないという状況はよく起こるので、マフラーや毛布など暖をとれるものを用意しておきましょう。

携帯電話の充電器

携帯電話は、災害時にあらゆる場面で活躍します。とくに家族の安否確認で、携帯電話が使えないとうのは非常に不安です。情報収集や安否確認などを安心して行うためにも、充電グッズは用意しておくとよいでしょう。

ガムテ―プ

ガムテープはあらゆる用途に使えます。何かを固定したり、メッセージを伝えたりと、災害時には欠かせない機能を備えているので、非常持出袋のなかにも入れておくとよいでしょう。

家族の写真

大地震で家族が離れ離れになることも少なくありません。そんなときに家族の写真があれば、「この人みかけませんでしたか」と聞いて回ることができます。

いくら家族といっても、口で特徴を説明するのは難しいものです。苦しいときにはお守り代わりにもなるので、少なくとも1枚は入れておきましょう。

これで完璧!非常持出袋のチェックリスト

警視庁のWebサイトには、災害対策課による非常持出袋のチェックリストが公開されています。これを確認しながら、避難時に必要な最低限のものを用意しておくとよいでしょう。

非常持出袋を作るときのポイント

家族が持てる範囲で

非常持出袋を作る時に、あれもこれもと入れたくなりますが、入れ過ぎに注意です。もしものときに重くて持てないのでは意味がありません。

特に、父親が仕事に出ている場合、非常持出袋を背負うのは母親になることが多いです。男性だけでなく、女性も持てる大きさ・重さにまとめるようにしましょう。

非常時にはすぐ取り出そう

警視庁警備部災害対策課に学ぶ、非常持ち出し袋に詰めるべきものを紹介しました。忘れがちだけれど大切な物もあったのではないでしょうか。

(image by amanaimages 1 2 3 4)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140226103941 530d45dd641f2
  • 20140226142453 530d7aa508ae6
  • 20140226142516 530d7abc6d492
  • 20140226142550 530d7ade49563
  • 20140226142751 530d7b57dc929

本記事は、2014年02月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る