生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 業者に頼もう!遺品整理の体験談・方法のご紹介

業者に頼もう!遺品整理の体験談・方法のご紹介

2014年02月19日作成

 views

お気に入り

現代では超高齢化が進み、1年間で100万人以上の方がお亡くなりになっています。

テレビや映画では遺品整理や生前整理も話題になっているようです。

そこで、実際にどのように整理を進めるのか、経験者である筆者が、遺品整理や生前整理について、その方法を紹介します。

遺品整理・生前整理とは

1:遺品整理とは

遺品整理とは、故人が生前に愛用していたものや思い出の品、残された物や生活用品などを、不要なものと大切なものに分別し、処分したり形見分けしたりすることです。

現代社会では、遺族が高齢であったり、遠方に住んでいるなどの様々な事情から、遺品整理業者などが増加し、遺品整理士などの認定資格も存在しています。

2:生前整理とは

生前整理とは、人間関係やお仕事、所有する品物や財産など、自分の身の回りの整理を家族に任せるのではなく、自分自身で整理しようという考え方です。

遺族の負担を考えて、生きている内に自分の荷物を整理する方が増えています。更に、還暦・退職などの早いタイミングで整理する老前整理も注目を集めています。

遺品整理体験談

急な訃報

遠方に住んでいる親戚から訃報が入り、急いで病院に向かいました。

葬儀までは円滑に済んだのですが、遠方からの親戚ばかりで、残される親族も高齢のため、多すぎる遺品を整理するのが難しい状況でした。

葬儀が終わって…

一旦は家に帰ったものの、掃除も満足に出来ずに物が溜まるばかりで生活も辛くなってきたと連絡を受けました。しかしながら著者も仕事で忙しく、十分にケアが出来ない状況でした。

思い切って業者に依頼

ふと遺品整理業者のことを知り、自分の立会いが不要な業者さんを見つけて、親族とも相談して思い切って頼んでみることにしました。

主に電話・メールでの打ち合わせで、お送りいただいた見積りから納得できる業者に頼むことにしました。

当日の流れ

訪問したスタッフが2名で事前に作業内容を確認し、細かく相談しながら作業を進めていただいたそうです。必要なものは別途まとめていただき、分別・梱包まで特に問題はなかったようです。

建物が小さく通路も狭いため、搬出が難しいと思っていましたが、同様のケースも多いみたいで、軽トラックで複数回に分けての搬出は滞り無く進んだようです。

遺品整理後の感想

最後には電話や写真などで報告をいただき、確認するとすっかり綺麗になっており、親族も親切な対応で喜んでいるようでした。数日後にはフォローの電話もあり、非常に良い対応だと思いました。

おわりに

遺品整理を業者さんに依頼することに抵抗を感じる方も多いと思いますが、著者は頼んでみてよかったと思っています。流れ作業というような対応ではなくて、一人で手に負えない遺品整理を手伝ってもらうようなイメージでした。

もし悩んでみたり迷っている方がおりましたら、連絡だけしてみるのもよいかもしれません。

皆様の参考になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140225154401 530c3bb1e6fc5

本記事は、2014年02月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る