生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. アプリで給食支援!?ぐっと身近になった新たな貧困支援のカタチ

アプリで給食支援!?ぐっと身近になった新たな貧困支援のカタチ

2014年02月18日作成

 views

お気に入り

はじめに

「貧困から子どもたちを救う活動」と聞いて、まずどんな方法を思い浮かべますか?やはり、まず「寄付」という方法が思い浮かぶのではないでしょうか。

しかし、最近ではただ寄付をするだけでなく、より身近な、「新たな支援のカタチ」が誕生しつつあるのをご存知でしょうか。ここでは、今すぐあなたにもできる貧困支援の方法をご紹介します。

今すぐできる支援

書き損じハガキで学校支援

スポンサー(里親)で子どもを支援 認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン

チャイルド・ファンド・ジャパンは、子どもたちの成長と地域の自立を目指して1975年から活動を続けている国際NGOです。貧しさの中で暮らす子どもを支援するスポンサーシップ・プログラム(里親支援)を実施しています。

www.childfund.or.jp

年賀状や抽選の応募の際、書き損じてしまったハガキはありませんか?チャイルド・ファンド・ジャパンに、書き損じハガキや未使用の切手を送ると、その分の浮いたお金でネパールの学校を支援することができます。

チャイルド・ファンド・ジャパンの公式サイトによると、具体的には

  • 6枚の書き損じハガキ→図書館に本1冊

  • 10 枚の書き損じハガキ→学校建設のためのシャベルを1つ

  • 50 枚の書き損じハガキ→教室に机を1つ

  • 18,000枚の書き損じハガキ→小学校を一棟建設

といったことができるようです。書き損じたハガキ1枚からでもできることがあるので、是非書き損じハガキは捨てずにとっておいて下さい。

ラブケーキプロジェクト

ページが見つかりません|国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン

途上国の子どもたちを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンのホームページです。お探しのページがみつかりません。

www.worldvision.jp

ラブケーキプロジェクトでは、パティシエの方に1ピース足りないホールケーキを用意していただき、通常価格で販売してもらいます。

そしてその1ピース分のお金は寄付金となり、ケニアの子どもたちの食料支援プロジェクトに使われる、という仕組みです。

2009年から開始されたこのプロジェクトは、徐々に広がっていき、現在約90店舗で行われているそうです。誕生日ケーキに家族でラブケーキを選べば、家族の話題にもなり、思い出に残る誕生日になりそうですね。

1日150円でチャイルドスポンサーになる

【国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン】"何もかも"はできなくとも、"何か"はきっとできる。

NGOとしてボランティアや募金活動を通じて世界の子どもを支援する国際NGOワールド・ビジョン・ジャパンの公式ホームページです。

www.worldvision.jp

1日150円、つまりペットボトル1本分の我慢で、アフリカの子どもたちを支援するチャイルドスポンサーとなることができます。

チャイルドスポンサーとは、月4500円の支援金で、アフリカで貧困に苦しむ子どもたちに、安全な食事、病気の予防、教育環境の整備ななどを提供するスポンサーのことです。

スポンサーになると現地の子どもたちと文通を交わして支援の状況をリアルに聞くこともできます。月4500円、と考えると大きな額に感じますが、1日たったの150円と考えればそれほど難しくはないかもしれません。

健康管理アプリで社会貢献

こちらは、「TABLE FOR TWO」というアプリで、コンセプトは、「健康管理と社会貢献が同時にできる“おいしい”アプリ」

このアプリは、食事の写真をアップすると、カロリーと栄養バランスを自動解析し、食事の栄養の過不足を教えてくれます。

そしてさらに、ヘルシーな食事をアップするとアフリカの子どもたちに学校給食が寄付されるのです!

健康管理と社会貢献が同時に、しかもアプリからできるなんて、とても画期的な取り組みではないでしょうか。もちろんダウンロードは無料です。

TABLE FOR TWOの取り組みについてはこちら

家でも外でも食べて支援

「TABLE FOR TWO」では、アプリだけでなく、「食べて支援」することもできます。

このプログラムを実施するレストランで、「TABLE FOR TWOヘルシーメニュー」を注文すると、1食につき20円が学校給食に寄付されます。

また、自宅で料理する際、楽天レシピを通じたレシピ投稿によっても、同様に寄付することができます。

TABLE FOR TWOメニューが食べられるレストラン一覧はこちら

おわりに

ご紹介した活動を始めとして、ただ「お金を送る」だけではなく、問題を身近に感じられる、新たな支援のカタチがたくさんできています。

あなたにも、今すぐできそうな支援法があったのではないでしょうか。自分なりの方法で支援を続けることができたらいいですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140218140336 5302e9a8955f4

本記事は、2014年02月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る