生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 自然を眺望&海の幸にも舌鼓をうつ!三重県旅行の体験談

自然を眺望&海の幸にも舌鼓をうつ!三重県旅行の体験談

2014年02月18日更新

 views

お気に入り

はじめに

自然が美しく、食べ物も美味しい三重県。そんな三重県に1泊2日で行ってきた体験談をご紹介します!

旅行の概要

  • 旅行時期:2010年8月
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:恋人
  • 移動手段:車
  • 訪れたエリア:伊勢、鳥羽、二見

筆者は、自宅(当時は京都在住)から車で行きました。最初の目的地である二見まで、高速を使って2時間程度で着きました。

三重県旅行の詳細

1日目は二見で遊び、鳥羽市のお宿へ。2日目は伊勢志摩スカイラインでドライブを楽しみました。以下はその詳細です。

二見シーパラダイス

まずは二見シーパラダイスへ。三重で水族館といえば鳥羽水族館が有名ですが、行ったことのないこちらを訪問してみました。

施設自体は綺麗とは言えませんが、南国を思わせる館内や、トドやセイウチと間近に触れ合える海獣広場など、ここならではの魅力が満載でした。

二見シーパラダイスの詳細はこちらです。

夫婦岩&二見興玉神社

二見シーパラダイスから夫婦岩、二見興玉神社へは徒歩5分程度。晴れた夏の日に歩く海辺は、爽やかでとても良い気分です。

神社にお参りをして、夫婦岩へ。真夏の青々とした海に浮かぶ夫婦岩は印象的な佇まいで、眺めていると厳かな気持ちになります。

二見輿玉神社についてはこちらです。

伊勢志摩スカイライン

2日目も晴天に恵まれ、海の次は山!ということで、伊勢志摩スカイラインをドライブ。伊勢と鳥羽を結ぶ、全長16.3kmの気持ちの良い道です。

筆者たちは途中の朝熊山山頂に立ち寄りました。山頂では売店でお土産を買ったり、展望足湯に浸かってのんびり過ごしました。足湯は100円で利用でき、リラックスしながら伊勢湾に浮かぶ島々の眺望を楽しむことができます。

伊勢志摩スカイラインの詳細はこちらです。

食事

1日目の昼食は、鳥羽市にある七越茶屋という郷土料理のお店で、手こね寿司を頂きました。魚が新鮮でおいしい!もちろん、メニューには伊勢うどんなどもあります。

夕食はあじ蔵というオイスターバーにて、牡蠣や伊勢海老などに舌鼓。このレストランに併設のCaroCaroというお宿を取っていたので、お酒も美味しく頂きました。

手こね寿司とは、カツオやマグロなどの赤身の魚を使った三重県の郷土料理です。詳細はこちらです。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

とにかく魚介が美味しい!そして、今回行った所はどこも、良い意味で観光地らしさがなく、自然をそのまま楽しめる場所だったと思います。

イマイチだったところ

もし車でなかったら、やや不便かな・・・?といった印象です。

これから三重旅行に行く方へアドバイス

旅行に行ったのは8月の終わりで、海や山はとてもとても美しく、良い季節でした。筆者はノースリーブのマキシワンピースで行きましたが、それでも暑いくらいで、真夏に行かれる方には、ボトムスも丈の短いものをおすすめします!

また、牡蠣や伊勢海老を食すことを旅行のメインに据えるならば、冬がベストだと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した場所以外にも、魅力がたくさんの三重県。筆者にとっても、また行きたい県のひとつです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140206190922 52f35f5243daa

本記事は、2014年02月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る