生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 印象派から日本画まで!春モチーフの名画たち

印象派から日本画まで!春モチーフの名画たち

2014年02月12日作成

 views

春の自然界は色とりどりで、芸術家達の創作意欲を掻き立てます。

有名なものからあまり目にしないものまで、春にまつわる美しい作品を、ジャンルにとらわれずに味わってみましょう。

目次

西洋絵画

クロード・モネ「春」

モネの絵の中では、使われている色が少ない方かもしれません。主に白と緑が使われていますが、注目すべきは白の描写です。全体に淡いピンクを使い柔らかさを表現し、スカートの裾には白単色で木漏れ日を表現しています。

クロード・モネ「春の花(のある静物)」

モネには珍しい写実的な描き方かと思いきや、それは手前だけで、奥側はいわゆるモネのタッチで描かれています。様々な色や形の花が描かれていて、春の楽しさが感じられます。

ルノワール「四季-春」

春という題名の絵に青を使うところに、ルノワールの卓越した色彩感覚を感じます。青を使うことで衣服の白がより透明感を持って描かれています。

アルフォンス・ミュシャ「春」

ミュシャは商業的に四季シリーズの連作装飾パネルを作っていました。これはその中の一枚です。女体の豊満な曲線美と、透け感のある衣服の描写にミュシャ独特のタッチが感じられます。

錦絵

歌川国貞「春の御庭花見の図」

三枚綴りの絵です。歌川国貞の描く美人画は「猫背・猪首(太くて短い首)」という特徴があります。他の浮世絵師に比べ作画量が多く、人気の高さがうかがえます。

屏風絵

尾形光琳「燕子花図屏風」

教科書にも載っている、有名な屏風絵です。群青色が金色に生え、品と華があります。ややアシンメトリーなカキツバタの花は、緻密な計算をした上での配置と言われています。

日本画

横山大観「春朝」

真っ赤な太陽が印象的な絵です。朝焼けで真っ赤に染まった太陽の強さと、桜の柔らかさのコントラストが味わい深い一枚です。

おわりに

どの絵にも明るい色や柔らかい表現が用いられていて、春の喜びを感じます。春を歓迎する気持ちは、世界に共通しているのですね。

本記事は、2014年02月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る