生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. そこに行くと復縁できる!別名・復縁寺と呼ばれる恋の願い事が成就する「鈴虫寺」とは?

そこに行くと復縁できる!別名・復縁寺と呼ばれる恋の願い事が成就する「鈴虫寺」とは?

2014年02月12日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

冬は人肌恋しい季節で恋人が欲しくなる季節だと言われています。クリスマスから始まり、年末年始・バレンタイン・ホワイトデーと何かと恋人たちのイベントが多い季節でもあります。

過去の恋愛を思い出してしまったり、ふと元カレの良さに気付いたり、自分の未練に気付いてしまったりと、もう一度やり直したいと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、復縁に絶大の効果があると言われている京都にある「鈴虫寺」についてご紹介します。

鈴虫寺とは?

京都嵐山観光 鈴虫寺|恋愛成就・縁結び祈願の寺/お守り・地蔵のお寺

京都嵐山にあるお寺鈴虫寺。観光スポットとしても最適な嵐山に位置し、恋愛成就・縁結び祈願・黄色いお守りで人気のお寺です。お札・お守り・お地蔵さん・説法が有名なお寺は京都嵐山鈴虫寺。京都にお越しの際はお地蔵さまに願い事を。

www.suzutera.or.jp

正式名称

正式名称は「妙徳山 華厳寺(けごんじ)」です。鈴虫を約9000匹飼育していると言われており、四季を通して鈴虫の音が聞こえるため、通称「鈴虫寺」として親しまれています。

場所

〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31

  • 京都駅からタクシーの場合:所要時間約25分
  • 京都駅からバスの場合:所要時間約60分
バス利用の場合は、京都バス【73・83番 鈴虫寺ゆき】に乗り、終点下車して徒歩2~3分の所にあります。

特徴

恋愛・結婚の願い事への勝率が高いと有名で、恋愛面の悩みを持つ人に絶大な支持があります。また、参拝者へのお茶や茶菓などの丁寧なおもてなしが特徴のお寺です。

鈴虫寺で有名なこと

  • 茶菓子付き鈴虫説法
  • わらじを履いた幸福地蔵菩薩
  • 願い事が叶うお守り・お札 など

鈴虫説法とは?

お茶とお菓子が用意され、鈴虫の音色とともにお寺のこと、お参りの仕方などについて話をしてくださるそうです。

お話は堅苦しいものではなく、参拝者が悩み事から開放され、心穏やかになるように日々の心の持ち方についてなども話してくれるそうです。

幸福地蔵菩薩とは?

鈴虫寺の石段を上った山門脇には、「幸福地蔵」と呼ばれるお地蔵様があります。本当の名前は「幸福地蔵菩薩」と言い、日本で唯一わらじを履いているお地蔵様だそうです。

これは、お地蔵様が祈願者の所まで救いの手をさしのべるために、歩いて来てくださるためだと言われています。

幸福お守り・お札とは?

鈴虫寺には、復縁に効くと人気がある「お守り・お札」があります。この「お守り・お札」は幸福地蔵様の化身、お地蔵様のお姿が入っており、常に身につけることで願い事が叶うと言われています。

参拝の順番

1.書院にて説法

参拝客はまず書院に通され、住職たちの説法を聴きます。この説法により、自分自身と改めて向き合い「考え方が変わった。」「心が整理されて穏やかになった。」という人もいるほどです。

2.幸福地蔵様へ祈願

具体的なお願いごとを1つし、その際に必ず住所と名前を言います。これはわらじを履いた幸福地蔵様が道に迷ってしまわないように伝えるためとされています。

3.お守り・お札を購入

お守り・御札が一年分の祈祷をしているそうです。一年を経過したお守り・御札は鈴虫寺に返して、新しい幸福御守、お札を頂くと良いそうです。

お返しする際は、鈴虫寺に行く方法もありますが、郵便でも対応しているそうです。

拝観時間

  • 開門9時
  • 閉門17時(最終受付16時30分)
休日は混雑しやすいと言われており、お時間のある方は平日午前中がオススメです。また混雑時は開閉門時間が変更になる場合があります。

拝観料

  • 大人500円(茶菓子付き)
  • 小学生300円

おわりに

鈴虫寺は恋愛・結婚面で祈願すると願い事が叶う!と有名です。しかし、願い事が叶うからと言って、一度にいくつも祈願するのはNGです。

まずは心に一つ願い事を決めてから祈願をし、叶ったらお礼参りの意味も含めて再度祈願しに行くと良いとされています。

どうしても復縁したい人がいる!叶えたい願いがある!という人は一度参拝してみてはいかがでしょうか?

本記事は、2014年02月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る