生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 春のモテ髪はこれだ!男子のタイプ別「二度見させる本命ヘア」まとめ

春のモテ髪はこれだ!男子のタイプ別「二度見させる本命ヘア」まとめ

2014年02月10日作成

 views

暖かくなってくると、春服が欲しくなりますね。そして洋服を変えたら、気になってくるのがヘアスタイル。優しい、明るい春の色味には、柔らかいスタイルが合います。どうせなら春服にあわせて、イメージチェンジしてみませんか?

目次

春のトレンド

どのレングスでも、「重&軽バランス」が大事です。カットのベースは重く作り、カラーリングやパーマで軽さを演出します。

カラーリングはダークトーンがトレンドと言われていますが、去年から続いているグラデーション人気はまだ冷めないと思います。定番のスモーキー系やベージュ系が、透明感があっておすすめです。

気になる男子はどのタイプ?

ここでは男子を以下の3つのジャンルに分けて、それぞれにモテるヘアスタイルを提案します。

  • コンサバ男子:女性らしいスタイルを好む。OL系女子が好き。
  • ナイーブ男子:キュートで柔らかいスタイルを好む。森ガール系女子が好き。
  • モード男子:クールでスタイリッシュなスタイルを好む。赤リップ系女子が好き。

あなたが気になる男子はどれに当てはまりますか?レングス別にご紹介するので、きっとあなたに合うヘアスタイルが見つかるはずです!

ショートヘアの人向け

コンサバ男子

シャギーが入っているので軽く見えますが、ウェイトは低めで、レイヤーで軽さを出しています。ひし形シルエットを作るスタイルなのでどんな顔の形にも似合い、小顔効果もあります。

クセの無い人は、全体にゆるいパーマをかけましょう。カラーリングは明るめがおすすめです。

幼い印象にならないように、前髪を頬や鼻にかかるように残すのがモテポイントです。

ナイーブ男子

眉がちら見えするくらいの、重めのショートボブです。前髪がもう少し短くても可愛いと思います。クセの無い人は、全体にゆるいパーマをかけましょう。カラーリングは明るめがおすすめです。

サイドを前髪とつなげずに、ボブ感を残しているのがモテポイントです。

モード男子

レングスは短いですが、トップの長さを残してフェミニンさとモード感を残しています。クセの無い人は、全体にゆるいパーマをかけましょうカラーリングは明るめ〜やや明るめがおすすめです。

思い切ってトップからサイドにかけて流して、前髪を重くスタイリングするのがモテポイントです。9:1位で流すようなイメージです。

ミディアムヘアの人向け

コンサバ男子

段が控えめで、パーマも弱めで、ストレート感を残しているのがポイントです。カラーリングは明るめ~やや明るめがおすすめです。

目と頬にかかる前髪がモテポイントです。

ナイーブ男子

ややパーマ感があるボブスタイルです。パーマが強くかかっていそうに見えますが、実際はミディアムウェーブ位です。カラーリングは明るめ〜やや明るめがおすすめです。

大きなS字カールの重なりと、前髪のふんわり感がモテポイントです。

モード男子

少し段の入った、前下がりボブです。クールな感じが好きな人には前下がりのラインがおすすめです。パーマでカール感をしっかり出しましょう。カラーリングは無しか、暗めがおすすめです。

前髪の気だるそうな雰囲気がモテポイントです。

ロングヘアの人向け

コンサバ男子

落ち着いた柔らかい印象でありつつ、あご下のカールで華やかさを出したパーマスタイルです。カラーリングは明るめ~やや明るめがおすすめです。

確実に目ヂカラアップの、目の上ギリギリの前髪がモテポイントです。

ナイーブ男子

リッジがしっかり出た、やや強めのパーマスタイルです。カラーリングはやや明るめがおすすめです。

前髪をマッシュラインで切って、顔周りに優しいニュアンスを出しているのがモテポイントです。前髪のパーマもしっかりかけましょう。

モード男子

かっこいいけど抜け感もあるパーマスタイルです。ソバージュのような細かいウェーブにならないようにオーダーしましょう。カラーリングは無しか、暗めがおすすめです。

前髪を他よりやや弱めにかけて、ハード感を弱めているのがモテポイントです。

おわりに

ここでは男性のタイプ別にスタイルを提案しましたが、どの男性も共通して好きなのは「ツヤ、まとまり感」です。

日頃のケアをしっかりしつつ、好きな人の好みに合わせたヘアスタイルで、春はとことんモテちゃいましょう。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140212155644 52fb1b2ca4e08

本記事は、2014年02月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る