生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 海の幸、山の幸で大満足!青森旅行の体験談

海の幸、山の幸で大満足!青森旅行の体験談

2014年02月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

青森は海の幸も山の幸も豊富です。著者の美味しい体験を書きたいと思います。

青森旅行の概要

  • 旅行時期:2013年11月中旬
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:彼氏
  • 移動手段:高速バスとレンタカー
  • 訪れたエリア:青森市〜弘前市

旅行詳細

海の幸と山の幸を満喫する、チープで体験型の旅をしました。その中でもお勧めを紹介します。

青森魚菜センターのっけ丼

青森市にある市場です。チケットを購入して好きなお刺身やお惣菜でオリジナル丼が作れます。

ドンブリにご飯を購入したら、好きな食材をどんどんのっけてもらいます。 お味噌汁もあったり、卵焼きからお漬物まであって、迷うのも楽しいです。 もちろん味も絶品でした。

チケットは500円分(100円×5枚綴り)と1000円分(100円×10枚綴り)で購入出来ます。100円づつ点線でちぎって使える様になっています。著者達は2人で1500円購入しました。

チケットは余っても現金に払い戻しは出来ません。その日しか使えませんので使い切りましょう。

のっけ丼の金額目安

  • ご飯は普通盛りで100円、大盛り200円。普通盛りで十分でした。
  • 味噌汁100円。
  • 海鮮類は100円もしくは200円分で小分けしてあります。マグロも2切れ100円。トロなら2切れ200円などです。ホタテは鮮度抜群で、貝ひもをタダでオマケに載せてくれます。
  • お漬物類も100円分からです。
  • 玉子焼き1カット100円。お惣菜1つ100円等です。
どのお店も、のっけ丼用に100円か200円で小分けにして値段がついています。
参考サイト:古川市場 のっけ丼

リンゴ三昧

林檎で有名な岩木山の麓の辺りは、多くの農園でリンゴ狩りも出来ます。

著者達は岩木観光農園に伺いました。ありがたいことに、その日に直接行っても受け入れてくれました。

500円で指定された4種類のリンゴを食べ放題でした。もぎたてリンゴは美味しさ格別です。農園から岩木山も大変近くロケーションも最高です。

参考サイト:岩木山観光りんご園

りんご公園

りんご狩りに行く途中に、たまたま見つけて立ち寄りました。園内には沢山のリンゴが植えられていて散策コースや展望台もあり、お散歩にも一息つく場所としても良かったです。

観光地と言えば何でも料金がかかる物ですが、入場無料です。そしてなんと駐車場も無料です。

園内もとても綺麗でしたし、リンゴが可愛らしくなっていました。希望があれば、ここでも有料でリンゴ狩りが出来る様でした。

参考サイト:弘前市りんご公園

よかったところ・イマイチだったところ

良かったところ

どこも駐車場でお金を取られる事も無く、お得な感じがしました。

市場ではグルグル色々と迷いながら楽しんで居ると試食を頂けたりもします。触れ合いで青森弁が飛び交い、とても楽しい食事を楽しめました。お茶もテーブルやイスもあり、落ち着けます。

イマイチだったところ

りんご園は園内で食べられる分だけの料金で500円です。時間無制限ですが、そんなに食べられません。4個食べたらお腹いっぱいです。

食べられない分を取るとgで買い取りになります。4つ食べ切れない分を持って帰る事にしましたが、500円くらいだったと思います。そこまで安くありませんでした。

近隣の至る所で袋売りしているので、持って帰る分は園内で買うより安く手に入ると思います。ただ、園内で自分がもぎ取った物ならお土産話にもなると思えるなら園内で購入も良いと思います。

行く方へアドバイス

平日に著者達は出かけましたので、混雑とは無縁でした。祝日等の場合は混雑具合を調べられてから行かれる事をお勧めします。

観光農園は季節によって違う果物も楽しめるようです。観光農園からも岩木山を望めますが、雲がかかって見えない場合もあります。車で5分も移動するだけで山が姿を現したりもします。

農園から車で国道3号線を鯵ヶ沢方面に行くと岩木高原という開けた場所があります。著者はそちらで綺麗な景色を楽しめました。

おわりに

ただ美味しい物をお店で頂くのに飽きてしまったら、少し体験型にして地元の方に触れ合いながら美味しい幸を頂くのはどうでしょうか。

鮮度抜群の海の幸、山の幸が更に美味しい旅になると思います。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140127153826 52e5fee2343a0
  • 20140131202118 52eb872eb0efe
  • 20140127163043 52e60b234487c
  • 20140127163125 52e60b4d753ae

本記事は、2014年02月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る