生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 恋人とケンカした時早く仲直りするコツ

恋人とケンカした時早く仲直りするコツ

2010年12月06日作成

 views

恋人とのケンカってホント些細な事が始まりで、でも中々自分からは素直に「ごめん。」って言いにくいものですよね。

そして以前にあったことなどを持ち出し始めると、事態はどんどん悪化していくばかり…。

今日はそんな恋人とケンカをしてしまったときの謝り方をお教えします。

謝る前に 

まずは冷静になること

言い合いになりそうだなと感じたとき、言いたくないことを言ってしまいそうになった時は、落ち着くためにその場から一旦逃げましょう。

外に出たり、トイレや部屋に篭ったりと、方法は様々ですが、とにかく一人で冷静に考えられる状態を作ることです。頭に血が上った状態では、何が原因で相手を怒らせてしまったのかも分からないし、いつまでも相手を責め続けることになってしまいます。

特に女性の場合はどうして怒っているのかが男性に伝わっていないと感じた時にも、苛立ちを感じることがあります。

「私がこんなにも怒ってるのに、なんて鈍感なのかしら。」
という風に原因を増やすことになるのです。いいたくもない事をついつい勢いで言ってしまったり、かえってケンカを長引かせてしまうことにもなります。話の途中でもいいので、とにかく何をおいてもその場から離れましょう。

ケンカを分析

そもそもどうしてケンカになったのか、原因をはっきりさせましょう。ケンカの前後の出来事をよく思い出して、相手の表情なども思い出します。ちょっとした顔色の変化に気づきながらも、ついつい言ってしまったことなどを思い出します。メールの場合は今までのやり取りを読み返してみましょう。

そうすると、どうして相手が怒ったのか、何が気に入らなかったのかが分かってきます。

悪かったなぁと思ったら

原因が分かれば、自分のいけなかったところなども見えてくるでしょう。ケンカは片方だけが100%悪いということはないので、ちょっとでも自分が悪いところがあるわけです。

“でも相手も悪いんだし”という気持ちは捨てましょう。自分が仲直りしたいと思うなら、自分から言う方がいいのです。謝るということは自分を抑えることではなく、相手に譲ることです。譲ることは先へ進む手段なので、結果的に自分にも利益があるのです。

悪かったという気持ちがなければ、謝っても言葉だけになってしまいます。相手を責める気持ちがなくなるまでは、無理をして謝らないことです。

謝るときは

誰でも謝るには勇気が要ります。だから簡単で短くてもいいので、ただ「ごめんね。」というのがオススメです。それでも言いにくい時は、メールなどで伝えましょう。そのときも色々言わずに、ただ一言「ごめんね。」とだけ伝えましょう。その「ごめんね。」という一言で、相手もほっとするはずです。

おわりに

いかがでしたか?ささっとケンカを終わらせるコツは、いかに自分の中でケンカを整理し、気分を切り替えて行動に移せるかにかかっています。

どうしても相手を許るまでは謝らないでください。途中で折れてしまうと、それが心に残って次のケンカに出てしまうからです。心のわだかまりをきっぱりと失くせば、「こないだもお前は…」とはならないはずです。

そして何よりも相手と仲直りしたい気持ちが大きければ、相手を許すことは簡単ですよね。

ケンカをする事はお互いの違う部分を発見する事だと思うので、大切なことだと思います。ケンカをして相手のいいところを発見してください。でも仲直りはお早めに!

(Photo by http://www.ashinari.com/2012/03/04-358633.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120814180345 502a14715d91e

本記事は、2010年12月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る