生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 地味なイベントを華やかに!節分でまく「豆以外」のものって…?

地味なイベントを華やかに!節分でまく「豆以外」のものって…?

2014年01月29日作成

 views

日本の行事のなかでも、地味なイメージのある節分。なかには「大豆ってあまり好きじゃないんだよね~」という人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、節分でまく「大豆以外」のものをご紹介します!

節分に豆をまく理由

とはいえ、豆も素晴らしいものだということを先にお話しますね。もともと穀物や果物には「邪気を追い払う」という力があると考えられてました。ここで「じゃあ豆じゃなくて果物でもいいんじゃない?」と思いますよね。実は、大豆ではなく最初は桃だったのだとか。節分にいろんな穀物を投げて試した結果、「投げやすい」「収穫しやすい」「音がいい」などの理由から豆が選ばれるようになったようです。

画像を表示

not found|大國魂神社

お探しのページは見つかりませんでした。

www.ookunitamajinja.or.jp

節分で大豆以外をまく人

それでは、大豆以外にまくものを見ていきましょう。

落花生をまく

節分の日に落花生をまく人はとても多いようです。地域によっては「落花生がふつうだと思ってた!」という人もいます。落花生を選ぶ理由は…

  • 殻があるので、床に落ちても汚れない
  • 大豆は夏の豆だけど落花生は冬の豆
  • 大豆よりカロリーが高いから寒い地域の人に好まれる

などがあります。

散らばった豆をこまごま拾わなくてもいいので、面倒くさがり屋の人にぴったりです。

お菓子をまく

袋入りのお菓子なら投げても汚れませんね。チョコレートやキャンディなどのお菓子に「豆をまくより子どもが喜ぶ!」という声もあります。小さなお子さんがいる家庭には、豆よりもお菓子がいいかもしれません。

「お菓子って、何をまけばいいの?」という人はこちらの記事でやり方を紹介しています。節分をもっと楽しく!子供が喜ぶ「お菓子な豆まき」

お金をまく

ティッシュや薄紙に1つずつ硬貨を包みます。硬貨だけでなく「お金+豆」「お金+お菓子」「お金+落花生」など、組み合わせてまく人が多いようです。豆だけじゃ足りない!という人は、お金もプラスすることで盛り上がりも増すかもしれません。

当たり前ですが硬貨は豆よりも硬くて危険です。強く投げつけすぎないよう注意しましょう。

おわりに

「豆」だけではない節分もとても楽しそうですね。今年は新しく豆以外の節分デビューをするのもいいかもしれません。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140129120504 52e86fe0e3d4c

本記事は、2014年01月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る