生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 子供連れでもゆったり!能登島(石川県)旅行の体験談

子供連れでもゆったり!能登島(石川県)旅行の体験談

2014年01月28日作成

 views

この旅行のメインはのとじま水族館でした。娘が幼いこともありたくさんの場所を訪れることは出来ませんでしたが、なつかしの能登島を満喫しました。

目次

著者が経験した能登(石川県)旅行の概要

  • 旅行時期:2013年8月
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:両親・娘(2歳)、著者
  • 移動手段:車
  • 訪れたエリア:能登島

旅行詳細

著者が中学生時代に行ったきりだった能登島にまた行ってこようという理由で両親に連れていってもらいました。

著者が行った場所を簡単にご紹介します。

のとじま水族館

のとじま水族館

能登半島近海に住む魚を中心に約500種4万点の生きものを飼育しています。イルカ・アシカショーをはじめ、ラッコのお食事、ペンギンのお散歩、マダイの音と光の世界などのイベントが多く、時間が経つのも忘れてしまうくらい。エサやり体験やイルカなどの生きものとのふれあいもできる参加型水族館です。

www.notoaqua.jp

十数年前に行ったきりだったので館内の変わりように驚きました。ジンベイザメ館があり、青い照明に照らされた水槽でジンベイザメが泳ぐ姿が見られたり、イルカとアシカのショーも外のイルカプールで見ることが出来ます。

小さなお子さん連れが多く子どもも楽しめる施設です。

能登島ガラス美術館

ガラス工芸品がたくさん見られて綺麗な美術館です。外にもガラス作品が置かれています。

道を挟んだすぐそばの道の駅にもガラス工芸品が売られていて、かわいらしい動物の作品から大きな花瓶なども売られています。実際に自分でも作れる場所もあるので体験してみたい方は是非行ってみてください。

勝雄館

石川県能登半島 能登島/能登島町えのめ海岸 活魚料理と旬味の宿「勝雄館」

能登半島/能登島町えのめ海岸 活魚料理と旬味の宿「勝雄館」へようこそ。オンライン予約可

www.katsuokan.com

能登島にはたくさんの民宿がありますが、著者の母の友人の知り合いのお店ということで、前回も宿泊したこちらの宿にお世話になりました。

朝とれたての魚介類を夕飯に出してもらえます。お刺身が好きな方は少し値段が高くなりますが「船盛り」で料理の予約をしたほうが食事を楽しめると思います。

若女将さんもご主人もとても良い方でまた利用したいなと思える宿です。

のとじま大橋・ツインブリッジのと

本州と能登島をつなぐ橋です。著者の自宅からはのとじま大橋が近いのですが(といっても遠い)遠回りしてツインブリッジにも寄ってきました。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

自然がいっぱいで、小さな子ども連れにはぴったりな旅行先だと思います。娘も水族館や近くに海があることで大喜びでした。水族館のすぐそばにはキャンプ場もありますし、海もすぐそばなのでアウトドア好きの方にもオススメです。

著者は中学時代に行った時よりも今回のほうがガラス工芸館は楽しめたように思います。

高層ビルなどの背の高い建物がなく、とにかく空が広くて開放感があります。

イマイチだったところ

コンビニ(サークルK)が島の入り口に1軒だけなので、食べ物を調達したい・夜中にほしいものができたなんて時は入り口にまで戻らなければいけないので不便でした。両親はそれを覚えていたので必要そうなものは前もってコンビニによって買っていました。

著者の実家が岐阜県北部で、富山県から高速に乗って行くのですが能登島近所のICから能登島に入るまでは下道なのでちょっと時間がかかりました。道がわからない方はカーナビ必須です。

これから能登島旅行に行く方へアドバイス

島内にコンビニが1軒しかないことを覚えておかれると良いと思います。

今回は幼い娘を連れての旅行だったのでしなかったのですが、島内を1周するのも海や山の景色が色々楽しめてとても楽しいです。

小さなお子さん連れの旅行の場合は、のとじま水族館に是非行ってみてください。

おわりに

能登島はとても景色や空気の綺麗な場所です。こどもから大人まで楽しめる観光スポットです。

近くの地域の方なら車でもすぐ行けますので、是非石川観光で迷っておられる方は能登島に行ってみてはいかがでしょうか。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140120185832 52dcf3481204c

本記事は、2014年01月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る