生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3. これからフラに触れる人に聞いて欲しいお勧めの5曲(日本語編)

これからフラに触れる人に聞いて欲しいお勧めの5曲(日本語編)

2010年12月05日作成

 views

お気に入り

日本では、昭和の時代にハワイアンミュージックが大流行しました。ハワイの曲をそのまま歌ったり、歌詞を和訳して歌われたりしています。

フラを習う中高年の方がたくさんおられるのにも、そういった要因があります。

日本語フラの楽しさ

フラは、ハンドモーションなどで歌詞の意味を伝える踊りです。

ですから、日本語の歌詞がついているととても覚えやすく、初心者にはぴったりなのです。

また、昔流行った曲を使うことが多いため、高齢の方の前で踊るととても受けが良い!会場から合唱が起こることすらありますよ。

ジャパニーズハワイアンでフラを踊ろう

ここでは、日本で流行したハワイアンの中でもフラに良く使われるスタンダードな曲をご紹介します。

目次

月の夜は

日本語フラ曲の代表格

親しみやすいメロディーラインと、能天気な歌詞でとても覚えやすい、日本語フラの代表的な曲です。

原曲は「Sophisticated Hula」という曲で、日本語の歌詞はほぼそのまま和訳されています。

ブルーハワイ

フラの曲というよりも

どなたもご存知のこの曲は、もちろんどなたもご存知エルヴィス・プレスリーが歌って大ヒットになりました。

どなたもご存知なので、よくフラでも使われます。ゆったりとしたリズムで情感たっぷりに踊るので、意外と難易度は高めです。

原曲はビング・クロスビーが作った映画音楽。エルヴィスはこれを映画の中でカヴァーしてリバイバルヒットさせました。

珊瑚礁の彼方に

「あおたけさんご」の1曲

日本では、大ヒットしたハワイアンミュージックを「あおたけさんご」などとまとめて呼びました。

  • 青=前述の「ブルーハワイ」
  • 竹=「小さな竹の橋」
  • 珊瑚=「珊瑚礁の彼方に」

というわけです。

原曲はサッチモことルイ・アームストロングがレコーディングしてアメリカ本土で大ヒットしましたが、ハワイではそんなに知られていないようです。

赤いレイ

和製ハワイアンの代表曲

これは完全に日本で作られたオリジナルの曲。ジャパニーズハワイアンの大御所、大橋節夫さんの作詞作曲です。

フラでもよく使われて愛されている名曲ですが、歌詞が短いためハンドモーションもスカスカになりがち。

踊る時には、お遊戯のようにならないように注意です。

南国の夜

裕ちゃんの歌声に乗せて

中高年の方々には未だに熱烈に愛されている石原裕次郎が歌った名曲。

若い世代にはちょっと古臭く感じるかもしれませんが、年配の方の前で踊るとやんやの喝采を浴びられること間違い無しです。

裕ちゃん人気は本当にすごかったんですねえ。

ちなみに、裕ちゃんは前述の「あおたけさんご」を全て歌っていますので、ウケを取るなら音源は裕ちゃんに決まりです。

おわりに

フラを踊るならハワイ語で?

どうせフラを習うならハワイ語の曲を!と思う気持ちもとてもよくわかります。

しかし、特にまだハンドモーションを覚えていない初心者の方が基本を覚えるには日本語の曲はとてもお勧めです。

世代を超えて

フラを習っているのは若い世代だけではありません。

みんなで楽しく盛り上がれる日本語ハワイアンの魅力を再確認していただければ幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 5c2a8d98 e392 4108 9f6e a1b435bf5ecd

本記事は、2010年12月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る