生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 余った節分豆を使い切る!ヒジキの煮ものの作り方

余った節分豆を使い切る!ヒジキの煮ものの作り方

2014年01月27日作成

 views

節分のときには年の数よりひとつ多くの豆を食べると厄除けになると言われますが、どうしても中途半端に余りがちです。

ここでは、余った節分の豆を使ったヒジキの煮ものの作り方をご紹介します。

目次

材料(作りやすい分量)

  • 煎り豆:大さじ2杯程度(節分の残り)
  • にんじん:小1本
  • 乾燥ヒジキ:大さじ2程度
  • 油揚げ:1枚
  • 麺つゆ:大さじ3
  • 水:150ml
  • サラダ油:少々
味付けは麺つゆを使うのがお手軽です。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:ヒジキを戻す

ボウルに水を入れ、ヒジキを入れて戻します。製品によりますが10分くらい漬けてから、ざるにあけて水を切っておきます。

STEP2:材料を切る

にんじんを短めの千切りにします。

油揚げはキッチンペーパーではさんで油を取り、短冊に切ります。

油揚げの油が気になる方は、熱湯をかけて油抜きをしてください。

STEP3:ヒジキを炒める

熱した小鍋にサラダ油を敷き、水けを切ったヒジキを入れます。

STEP4:にんじんを炒める

ヒジキを入れたら、にんじんを入れて、中火で 1分ほど炒めます。

STEP5:油揚げを入れる

油揚げを入れます。

STEP6:煎り豆を入れる

煎り豆を入れます。

STEP7:麺つゆを入れる

麺つゆと水を入れます。

麺つゆを水で 3~4倍に薄めて、具材がヒタヒタになるよりもやや少ないくらいの分量にします。

STEP8:炊く

フタをして弱火で炊いていきます。ときどきかき混ぜてください。

煮汁があらかた飛ぶまで、10~15分程度炊いていきます。

STEP9:出来上がり

器に移して、粗熱を取ったら出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

煎り大豆は水で戻さなくても、弱火でゆっくりと炊いていくことでふっくらと戻ります。

ヒジキやにんじんは、カロチンを多く含む食材です。油で炒めることでカロチンの吸収率がぐんと上がります。

おわりに

お弁当のおかずとしても使えますので、是非、試してみてください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140127105233 52e5bbe150f34
  • 20140127104452 52e5ba14439d5
  • 20140127104512 52e5ba284fc97
  • 20140127104534 52e5ba3e38098
  • 20140127104615 52e5ba677fbc4
  • 20140127104631 52e5ba777bff9
  • 20140127104646 52e5ba868358c
  • 20140127104708 52e5ba9c15711
  • 20140127104739 52e5babbe8de3
  • 20140127104802 52e5bad2b4c55
  • 20140127104817 52e5bae18d9d0
  • 20140127104832 52e5baf08ed2c
  • 20140127104923 52e5bb236c3ce

本記事は、2014年01月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る