生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3. 会場のウェディングプランナーとフリーランスのウェディングプランナーの違い

会場のウェディングプランナーとフリーランスのウェディングプランナーの違い

2014年02月09日更新

 views

お気に入り

結婚式のスペシャリストウェディングプランナー!

この“ウェディングプランナー”にも種類があるようです。

ウェディングプランナーの種類

1.会場に所属している、ウェディングプランナーとは?

以下、会場プランナーと記します。

2.フリーランスのウェディングプランナーとは?

以下、フリープランナーと記します。

(アナウンサーみたいなイメージですね!)

違い

日本の結婚式文化

さて、この違いは何なのか!?日本の結婚式文化は、料理でいうとフルコース!会場見学に行き、気に入ったら契約をし、流れるように会場の提携業者で商品を手配し、当日を迎える!という会場を入口とし流れが大体決まっている創り方です。

欧米の結婚式文化

それに対し、欧米の結婚式文化は、アラカルト!プロダクション等で一緒に結婚式を創る気の合うプランナーを選び、カウンセリングを受け、結婚式のイメージを膨らませながらイメージに合う会場や好きな商品を自由に選んでいく創り方です。

一つ目の違い、文化

会場プランナーは、日本特有の文化、会場にお任せします。フリープランナーは欧米の文化、自分で選びます。

二つ目の違い、目線

会場プランナーは会社員、会社目線の考えです。フリープランナーは個人事業主、顧客目線の考えです。

三つ目の違い、契約前の販売商品

会場プランナーは会場で出来る事を提案、販売します。フリープランナーはヒアリングし、二人が創りたい形を提案、販売します。

四つ目の違い、金額

会場プランナーは関わる人が多い為、高額になり易いようです。対してフリープランナーは直販に近い為、安価になり易いようです。

五つ目の違い、商品幅

会場プランナーは会場が提携している商品を提案、販売し、フリープランナーは、二人に合う様々な商品を提案、販売します。

おわりに

上記に違いを記載しましたが、何にでも、メリット、デメリットは付き物です。

今の日本には、会場(ハード)選びから始める結婚式と、人(ソフト)選びから始める結婚式の2種類の入口があるという事を知っておいても損はないと思います。

情報化社会になり、欧米の結婚式文化が見られるようになり、欧米風の建物等も出来てきましたが、中身は昔の日本のまま、結婚式の先進国である欧米の納得した商品に囲まれて信頼出来るプランナーと結婚式を創るという形が、今の日本の若者達から徐々に支持されているようです。

本記事は、2014年02月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る