生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 恋は算数!?彼のハートを射止める「プラスワン」「マイナスワン」のモテ行動

恋は算数!?彼のハートを射止める「プラスワン」「マイナスワン」のモテ行動

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

みなさんは気になる彼にどう接していますか?自然体で彼を射止められたらいいのですが、そうもいかないのが恋愛です。多少の駆け引きは必須事項。

ここでは、普段の行動にプラスマイナスするだけで彼にアピールできる方法をご紹介します。

プラスワン

まずは普段の行動にプラスしたいことです!「プラスワン」は相手にじわじわとアピールするのに効果的です。

気遣い

女子力とも言い換えられますが、考えられるちょっとした気遣いは積極的にプラスしていくようにしましょう。

彼から物を借りたら返すときに物と一緒にチョコや小さなお礼メモを添えたり、食事に行った帰りに口直しの飴やガムをすすめたりなど。自分にとって大変じゃない、人によっては気に留めないかもしれない気遣いを常に意識しているとGOODです。

すごく感謝するわけじゃないけど、してくれたら「おっ」と思えることを積み重ねていくのがポイントです。

「ついで」という感覚でやると続きます。

見つめる長さ

日本人は人の目を見ることが苦手な傾向にあるので、目が合ってしまったらパッとそらしてしまう人も多いと思います。

しかし、そこはちょっと我慢して目を見つめ続けましょう。目を見ることは、「ノンバーバルコミュニケーション」という、言葉以外のコミュニケーションの一部です。

言葉ではないそのコミュニケーションに、「なんでこんなに見るのかな?俺のこと好きなのかな?」など、相手は想像をふくらませます。

会話の間やゆったりさ

ゆっくりしゃべると、その一言に重みが感じられますし、説得力が増します。また、唇はセクシーな部位のひとつ。ゆっくり動かすことでその魅力はUPし、男性を惹きつけます。

また、質問をされたときなどは少し間をプラスして話し始めると、「何話すんだろう?」と注意をひきつけられます。

このように話す女性に男性は癒やされますし、守護本能をひきだします。話し方ひとつで癒せるなんてすごいですよね。自分の話すスピードが早いかな?と感じている人は挑戦してみましょう。

たまに想定外の行動を

普段の自分のキャラではない、そして大きなマイナスイメージのない行動をたまにプラスしてみましょう。

おとなしそうに見られている人はカラオケではノリノリの曲を入れたり、普段元気でギャル系の人は少し難易度の高い本を読んでみたり、サバサバでクールビューティーな人は突然彼に膝かっくんをしてみたり。

これはいわゆる「ギャップ萌え」というジャンルですね。ギャップは恋愛においてかなり効果的です。たまに突然やることで、いつ何を始めるかわからないわくわく感を持ち、飽きさせません。ぜひ普段の行動に取り入れましょう!

マイナスワン

「マイナスワン」をすることで、周りと自分の差をつくれます。では普段の行動から何を引けばいいのでしょうか。

LINEやSNSを多用しない

LINEやTwitterなどのSNSが普及している現代は、人のリアルタイムな情報が手に入れられやすいオープンな社会です。

「今何をしている」「私はこう考えている」ということを主張しているのは悪いことではありませんが、「この人のことをもっと知りたい」と思わせてはくれません。むしろ情報が多く伝わるので、こちらのことをわかったつもりにさせてしまいます。

周りがオープンな時代だからこそ、自分はあえて隠す。今何をしているのかも、何を考えているのかも披露しない。そういう秘密を持つことによって、女性は奥ゆかしさを身にまとっていきます。

あまり笑顔を見せない

「笑顔は恋愛において必須でしょ?」と思われるかもしれません。「笑顔が大事」ということは誰もが知っています。それでは差別化できません。

そこであえて笑顔をあまり出さないことによって、「無愛想」ではなく「ミステリアス」を演出するようにします。

何が起こっても笑うなということではありません。相手がこちらを笑わせようとしているのにいつまでも真顔だと、ただの無愛想です。たまに、そして基本的に彼にだけふっと笑顔を見せるのがポイントです。笑顔の特別感を目指しましょう。

あまり褒めない

男性を立てるにあたって、「とりあえず褒めとけ」とついつい褒めすぎてはいませんか?それではせっかくの褒め言葉も効果がいまひとつです。

普段から人を褒めまくっている人と、普段あまり褒めない人、どちらの褒め言葉が信じられますか?

本当に心から思っているのに、「またまたうまいねぇ~」と流されては悲しいですよね。より効果的に褒めるためにも、普段はあまり人を褒めないようにして、ここぞというときに褒めましょう。

会話が盛り上がったところでお別れ

会話が盛り上がってくると、ついつい嬉しくて、まだそばにいたくて、別れの時間がきても話を続けてしまいますよね。

しかしそこは我慢です。満足が得られるまで話してしまうと、「もっとこの人と話したい」という気持ちを萎えさせてしまいます。

盛り上がったところで別れると「話し足りないな。次いつ会える?」と次のデートを取りつけられますし、こちらに関心を向けたままでいられます。「ちょっとものたりない」と思わせる効果的なマイナスワンテクニックです。

おわりに

普段の行動にちょっとしたことを足し引きするだけで、効果的なモテテクニックになるなんて嬉しいですね!

気になる彼が現れたときはぜひ試してみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140124171204 52e22054aad1a
  • 20140124173125 52e224ddf3ca7
  • 20140124173211 52e2250bcbf4d
  • 20140124173959 52e226df6c45a
  • 20140124174445 52e227fd73c17
  • 20140124174828 52e228dc2f39c
  • 20140124175403 52e22a2b94c27
  • 20140124180720 52e22d4883b9e
  • 20140124181057 52e22e21742e9

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る