生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 自分のペースで歩こう!トレッキングをより楽しむ3つのコツ

自分のペースで歩こう!トレッキングをより楽しむ3つのコツ

2014年01月23日更新

 views

お気に入り

はじめに

トレッキングを趣味で始めて10年。現在も月に一度は関東地方の山に登っています。最近は南米のアコンカグアにも登頂し、世界の山にも目を向けています。

トレッキングを10倍楽しむコツ

コツ1:周りにペースを乱されない

小学校の遠足などで、先に目的地に着いた友達が「富士山が見えるよ!」「東京タワーだ!」などと、楽しみにしていた風景についてコメントされてしまい、残念な思いをしたことがあります。自分でその景色を見つけたほうが感動も大きかったはずですし、そのお友達のお陰で楽しみも半減してしまいます。

これは大人がトレッキングしていてもよくある事です。団体で歩いている場合などは先頭の人に先に絶景は見られてしまいますし、遅くなると迷惑になると思い、自分のペースを守らずに歩きがちです。

ゆっくりと散策したい場合には数人の気心の知れた人たちと歩くのがお勧めです。

コツ2:自然を味わいながら歩く

自然の中を歩いていると、高山植物や動物の足跡、それに鳥の鳴き声なども聞こえます。これらはガイドブックを読みながら歩いていたり、ウォークマンで音楽を聞いていると気づかないことですので、歩くことと周囲の環境を楽しむことに徹しましょう。

最近では、トレッキングコースに案内板などが置かれ、豆知識などが書かれているので、それを読みながら歩くのも面白いですね。

コツ3:一手間かけた食事を楽しむ

歩いた後のご飯は何でも美味しいのですが、ここで一手間かけたご飯は格別です。そこで、お勧めなのが登山用のガスバーナーです。これを使ってコーヒーを入れると、インスタントでも缶コーヒーなどとは比べ物にならないくらい美味しいです。

また、スープの素を溶かして、乾燥ワカメを入れただけの即席スープなどもいいですね。

トレッキングを楽しむためのアドバイス・注意点

服装に気をつける

山ガールファッションなど、デザイン性と機能性に優れた服装が定着しつつあるトレッキングウェアですが、注意して欲しい点があります。

まずは、標高が上がると風が強くなりますので、帽子は紐付きで飛ばされない物を選びましょう。そして、紫外線を防ぐためにサングラスは必ず持って行きましょう。似合わなくても誰も気にしてませんので大丈夫です。

夏場でも手袋を持っていると、少し険しい岩場などで重宝するのでリュックに入れておくのをお勧めします。

水分補給は小まめにする

登山道にはトイレが少ないため、水分補給を控えてしまうことがありますが、これは脱水症状を引き起こす可能性が高いので大変危険です。水筒やペットボトルは常備して喉が乾く前に飲むくらいが丁度よいです。

おわりに

自分のペースと体調に合わせて楽しいトレッキングを楽しみたいですね。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140116061220 52d6f9b4eadd1

本記事は、2014年01月23日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る