生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ひと工夫であったか!暖房器具を使わずに部屋を防寒する方法

ひと工夫であったか!暖房器具を使わずに部屋を防寒する方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

寒い日が続きますね。外出を控えて、なるべく家で暖をとっている人も多いのではないでしょうか?しかし、寒くても暖房器具をずっとつけていては高額の電気代に目を白黒させることになってしまうかも…。

実は、少し工夫をすれば、暖房器具に頼らなくてもしっかり防寒することができます。ここでは、暖房器具に頼らない防寒対策について紹介します。節約しながら快適に寒さを乗り越えましょう!

窓に関する防寒対策

窓枠には台所のスポンジを利用

窓枠を塞ぐのは、室内の防寒対の基本中の基本。市販の断熱テープを購入するのもいいですが、台所のスポンジを細長く切り、窓枠の溝に挟めば、ほとんどお金を掛けずにばっちりすきま風をシャットアウトできます。

プチプチを窓に貼り付ける

窓に梱包用の緩衝材、いわゆる「プチプチ」シートを貼るのも有効な方法です。プチプチは透明なので、きちんと陽の光も取り入れることができます。

ポイントはサッシに隙間なく貼り付けること。二重窓のような効果が得られます。

厚手で長めのカーテンを設置する

カーテンは出来るだけ厚手で、丈の長いものを選びましょう。ここだけは少々お金がかかっても、断熱性のありそうなものを選んだ方が、後々まで助かります。

カーテンを設置すれば、窓に貼ったプチプチやスポンジなども上手く隠すことが出来るので一石二鳥ですね!

床に関する防寒対策

タイルカーペット

冷たい床に耐え切れなくなったら、タイルカーペットを購入しましょう!パズルのようにお互いをつなぎ合わせることが可能なタイプがほとんどなので、それを上手く組み合わせて使いましょう。

カーペットの下にダンボール

カーペットの下にダンボールを敷くだけで、かなりの防寒効果があります。また、湿気を吸う効果、防音効果もあり、かなり活躍してくれます。

お風呂場に関する防寒対策

家で最も寒い場所といえば、お手洗いやお風呂場を思い浮かべませんか?

最近では、急激な温度変化による「ヒートショック」で心筋梗塞や脳卒中を引き起こし倒れる方が増加しています。そのような事故を防ぐためにもお風呂場はしっかりと防寒するようにしましょう。

バスタブの蓋をしないでお湯を沸かす

お湯を沸かす際に、バスタブの蓋をしないで沸かしてみましょう。一見お湯が冷めるのが早くなってしまって勿体無いようにも思えますが、温かい蒸気で浴室全体の温度を上昇させる効果があります。

浴室暖房機等を利用するより、ガス代を低く抑えることができそうです。

入浴前は壁にシャワー

入浴する前に、浴室の壁に熱めのシャワーをかけましょう。四方の壁全体にまんべんなくかければ、熱い蒸気が充満し、浴室に入った瞬間に感じるヒヤッとした寒さをなくすことができます。

入浴後、壁についた水滴を拭きとっておくとカビ予防になります。

おわりに

暖房器具をいくつも使って部屋を暖める前に、まずはこれらの方法で防寒対策をしてみてはいかがでしょうか。電気代、ガス代がぐっと抑えられるかと思います。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • D2f790aa 27d2 45f0 b901 c64e48c8e072
  • A8011c71 f25b 4a8f a360 7ddb40af35cf

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る