生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 出世へつながる!上司に愛されるためのわざとらしくない「太鼓持ち」術

出世へつながる!上司に愛されるためのわざとらしくない「太鼓持ち」術

2014年01月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

嫌なイメージのつきがちな「太鼓持ち」という言葉があります。しかし、上手く習得し、わざとらしくしなければ会社や上下関係を良好に保つ「世渡り術」になります。

そこで今回は、上司や先輩に可愛がられる「太鼓持ち」のポイントを紹介します。

「太鼓持ち芸人」サバンナ高橋

芸能界一の「太鼓持ち」と言われればすぐに思い浮かぶほど、お笑いコンビサバンナの高橋さんのキャラが有名になりました。今田耕司さんや千原ジュニアさん、雨上がり決死隊の宮迫さんや蛍原さんなど、有名な芸人に可愛がられています。

下手にやると邪魔がられたり嫌われたりする「太鼓持ち」ですが、これほどまでに可愛がられる高橋さんのテクニックとはどのようなものがあるのでしょう。

以下では、高橋さんの太鼓持ちテクニックを織り交ぜながら、可愛がられる太鼓持ちになるためのポイントを紹介します。

”嫌な感じ”のヨイショにしない

友だち関係や仕事関係でも、「太鼓持ち」というのはその人をからかった意味で使われることが多いです。それは、「出世のために必死」「先輩に媚びていい思いをしようとしている」と思われるためです。

周りに太鼓持ちやヨイショが煙たがられてしまうと、全体的な評価はマイナスになってしまいます。そこで、あくまでもわざとらしくない「ヨイショ」をすることが大切になります。

太鼓持ちのポイント

一緒にいて楽しいと思わせる

「常に明るく、一緒にいて楽しい人間でいることは大前提。」と高橋さんは話しています。太鼓持ちでなくとも、これは人間関係を築く上では大前提であり、一番大切です。

特に先輩や上司は、特定の後輩に気に入られる必要はなく、一緒にいて楽しくなければ次の機会がないこともあります。

なによりも、相手が楽しんでいるか、不満はないかと気にしながら付き合うとよいでしょう。

自然に相手の世界に入り込む

他人のペースで物事が進むというのは、少なからず負担を感じます。特に、なんでもない飲み会の席などで、場を盛り上げようと自分のペースに持ち込もうとする後輩は邪魔に思われやすいです。

あくまでもその場は先輩や上司のもの。太鼓持ちを演じる自分は、自然と相手の世界に入り込むことが大切です。

話は失敗話や自虐ネタ

デキすぎる後輩というのは、自分の脅威になったり、目をかける心配がないため長くに渡って世話をしてもらえません。そのため、会話でも後輩や部下の上手くいった話はあまり求められていないのです。

求められているのは、失敗話や悩み事、自虐ネタなど。先輩として偉そうにアドバイスしたり、「バカだなー」と言って笑うほうが、先輩にとってはずっと楽しいものなのです。

たまに先輩を誘う

先輩から誘われてついていくのは重要ですが、そればかりだと「オレといて楽しいのかな」と不安になることもあります。

時には自分から誘って、本当に一緒にいたいことをアピールしましょう。

先輩や上司をたてる

「太鼓持ち」をする場面での主役は相手の先輩や上司です。「こんな美味しいお店知ってるなんてオシャレですね」「さすが先輩ですね」などと、先輩を立てた発言をするようにしましょう。

相手を持ち上げるセリフ

「うまい」の三段活用

サバンナ高橋さんによると、

(料理が出てきた時に)「うまそう」
(料理を食べて)「うまい」
(お皿が下げられる時に)「うまかった」

の3つの「うまい」を使うそうです。せっかく後輩を連れてきたのだから、満足してもらいたいものです。食べている時だけでなく、前後にもコメントすることで気持ちを伝えることができます。

「DVDにしたい」「本にできますね」

相手が場を盛り上げる人であれば、「今日めっちゃ楽しいですね。DVDにしたいですわ。」と言うことで「楽しい」以上に相手の満足感を高めることができます。

ほかにも、ためになる話をしてくれた人に対しては「本にできますね」などとコメントすることでヨイショできます。

独り言にように「楽しいな」

あまり自分で盛り上げるタイプでない相手の場合、「楽しいですね」と直接伝えると疑われることがあります。そこで、トイレなど席をたつ時に独り言のように「今日たのしいな」と言います。

独り言のように言うことで、本音が漏れたように感じられるのです。

高橋さんは蛍原さんのような相手のときに使う技だそうです。

あらゆる場面で「ほんまっすか」

「ほんまっすか」や「まじすか」はいろんな場面で使える便利な言葉です。上司の武勇伝を聞いている時にはテンション高く「ほんまっすか!」。先輩に怒られている時には反省気味に「ほんまっすか」と使い分けましょう。

「めっちゃ言われません?」で周りからの意見を

周りからの意見を織り交ぜることで、「自分だけが思っているわけじゃない」ということを伝えることができます。

「課長って頼りがいありますよね。めっちゃ言われません?」などと、周りからの意見とすることで、客観的で信ぴょう性のありそうな言葉になるのです。

「前に聞きました」はNG

さまざまな話題を話す中で「それ前に聞きました」は言わないようにしましょう。裏には「覚えてないんですか」「またそれ話すんですか」という感情があるように思われてしまいます。

また、話したことをわかっていても、話題をつくるためにわざと話しているかもしれません。指摘すると、その先輩の顔を潰してしまうのです。

「後輩でよかった」をさり気なく

先輩や上司は、先輩や上司であることを嬉しく思います。先輩・後輩という関係で飲みに誘われているのですから、その関係を強めたいと思うものなのです。

だからこそ、「〇〇さんの後輩でよかった」などと伝えることで、先輩の自尊心を高めることができます。

発展形として上司に対して「〇〇チルドレンでよかった」などもあります。

おわりに

サバンナ高橋さんから学ぶ「太鼓持ち」のなやり方を紹介しました。先輩を見方につけると、あらゆる面で可愛がってもらえ、面倒を見てもらえます。ぜひ太鼓持ちを習得しましょう。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140121175316 52de357cb0104
  • 20140121182947 52de3e0b36bfc
  • 20140121183101 52de3e55cc5d3

本記事は、2014年01月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る