生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「寒がっているサイン」を見逃さないで!大切な愛犬を寒さから守る防寒対策

「寒がっているサイン」を見逃さないで!大切な愛犬を寒さから守る防寒対策

2014年01月20日作成

 views

お気に入り

犬はあなたの大切なペットですよね。犬は寒さに強いと思われていますが、本当にそうなのでしょうか?

ここでは、あなたの愛犬を寒さから守る、犬の防寒対策についてご紹介します。

目次

犬は寒さに強い?弱い?

よく「猫は寒さに弱いが、犬は寒さに強い」と言われますが、犬も寒さに強いか弱いかは、犬種によって様々です。

寒さに強い犬

寒さに強いと言われるのは、毛が長く、「ダブルコート」と呼ばれる上毛と下毛の2層構造を持つ犬種です。代表的な犬種として、

柴犬、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレッドリバー、コーギー、ポメラニアン、ミニュチャシュナウザー

などが挙げられます。

寒さに弱い犬

寒さに弱いと言われるのは、毛が短く、上毛のみの「シングルコート」と呼ばれる毛を持つ犬種です。代表的な犬種として、

プードル、マルチーズ、チワワ(スムース)、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスフンド(スムース)、パピヨン

などが挙げられます。また、コートの種類に関わらず、子犬高齢犬は寒さに弱いので注意してあげましょう。

見落とさない!「寒がっているサイン」

犬は、寒い時にはちゃんとその行動で示しています。犬の動きに注目して、「寒がっているサイン」を見落とさないようにしてあげましょう。

  • ブルブル震えている
  • 体を小さく縮めたり、隅で丸くなっている
  • 散歩に行きたがらない
  • 水を飲む量が減っている
  • 人の側や、暖かい場所に行こうとする

こんな行動が見られたら、犬が寒がっている証拠です。しっかり寒さ対策をしてあげましょう。

寒さ対策

ケージにひと工夫

犬のケージに工夫をこらしましょう。ケージと壁の間にダンボールを挟んだり、ケージの中に毛布を入れてあげたりするだけで、ケージ内はずいぶん温かくなります。

また、ケージが移動出来るのであれば、冬場は日当たりがよく風通りの少ない場所に移動してあげましょう。

ペット用ヒーターを設置する

ペット用ヒーターの設置は冬場に是非やってもらいたい対策です。犬はお腹の毛が薄いため、部屋全体を温める暖房ではなく部分的に温めてくれるヒーターを使ってあげるのが有効です。

また、ヒーターは暖房よりもずっと電気代が抑えられ、コード等も噛まれても簡単には壊れない作りになっているので安心です。

室外犬には湯たんぽを

室外に犬を飼っていて、ヒーターの設置が難しいという場合は、湯たんぽを用意してあげましょう。

ペットボトルにお湯を入れてタオルでくるんだ簡易的な湯たんぽならすぐに作れますし、最近では、レンジでチンするだけの犬用湯たんぽもたくさん売られています。

洋服を着せる

温かい室内であれば、洋服を着せる必要はないですが、例えば散歩のときには洋服を着せてあげるといいですね。特に、シングルコートの毛を持つ寒さに弱い犬種には効果的な方法です。

洋服の選び方としては、ウールやフリース素材でお腹まで覆うタイプで、トイレの邪魔にならないシンプルなものを選びましょう。

おわりに

犬も寒さをしっかり感じています。犬種や飼育環境に合わせた防寒対策をしっかりして、いつまでも元気でいてもらいましょう!

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140120104709 52dc801d660d4

本記事は、2014年01月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る