\ フォローしてね /

子供の落書きを消す方法

このライフレシピのもくじたたむ

はじめに

子供って、どうして、紙からはみ出してお絵かきしてしまうのでしょう。机や壁をキャンバスにしてしまうのは、今も昔も変わらない、ある意味子供の独創的な可愛い行動ですよね。

でも、そんな落書きを見ながら、「可愛いな~」なんて、のん気なことばかりも言ってられません。リビングなら、もちろん来客もありますし、机や壁に落書きがあるのは恥ずかしく、不衛生です。

そんな、書いてしまった落書きをきれいに消してしまう方法を、落書きの種類ごとに紹介したいと思います。

クレヨンの落書き

クレヨンは、けっこう頑固です。普通に拭いたりしたくらいでは、簡単には落ちません。

壁や柱、机などにクレヨンの落書きがある場合は、まずはメラミンスポンジでこすってみてください。メラミンスポンジなら、人体に害もなく、安心してお掃除できます。

それでも落ちない頑固なクレヨンは、布にクリームクレンザーを含ませて、拭き取りましょう。油っぽい汚れなので、お湯で拭くのも効果的です。

油性マジックの落書き

これも、一度、メラミンスポンジでこすってみましょう。落書きをした場所にもよりますが、運が良ければ、また、書いてから時間が経っていなければ、これだけで落ちることもあります。

それでも落ちない汚れには、除光液を使ってみましょう。コットンに少量含ませて、目立たないところから拭いてみます。

除光液を使用する場合、材質によっては、壁や家具を傷めたり、変色させてしまうことがあります。必ず、目立たないところで試してから使用しましょう

ボールペンの落書き

意外と落としにくいのが、このボールペンの落書き。普通の消しゴムでは消えません。

そこで、まずは砂消しで、消してみましょう。砂消しは、紙に書いた文字を、紙ごと削ることで、通常消しゴムでは消えないボールペンの文字も消すことができます。

家具や壁でも、同じようなしくみで消すことができるのですが、悪く言えば、家具や壁ごと、少し削ってしまうことになるので、高級家具には使用しないほうがいいでしょう。

おわりに

落書き対策は、とにかく、スピード勝負!書いてしまったら「あとで手が空いたら」なんて思わず、できるだけ早く落としましょう。

また、どうしても落書きしてほしくない・落とすのが面倒という方は、落書きされる前の対策も大切。

まず、壁を、落書きされても簡単に消えるものに張り替える。それから、スイスイおえかきという、水で絵を描くのではみ出しても安心なオモチャを買ってみる。そういった対策をしておけば、あとで後悔せずに済みます。
スイスイおえかき

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。