生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 会話は鍛えられる!有名人・偉人たちから学ぶ気の利いた切り返しをする方法

会話は鍛えられる!有名人・偉人たちから学ぶ気の利いた切り返しをする方法

2014年01月17日作成

 views

会話をしているとき、「もっとうまい切り返しができたらなぁ」と思うことはありませんか?皮肉や嫌味を言われたときなど、その場をくぐり抜ける力が欲しいですよね。

ここでは、有名人たちから学ぶ、いろいろな会話のうまい切り返し方をご紹介します。

気の利いた返し紹介

まずは有名人、偉人たちの切り返しを見てみましょう。

ヒラリー・クリントン

ヒラリー・クリントンと当時大統領に就任していた夫のビル・クリントンが、ヒラリーの元恋人であるガソリンスタンドの店員と会ったときの会話です。

ビル:オレと結婚して良かったな!大統領夫人になれたんだから。あの男と結婚していたら、君はガソリンスタンドの店員の奥さんだったよ。

ヒラリー:何を言っているのビル。もし私が彼と結婚していたら、あなたではなく彼がアメリカ大統領になっていたのよ。

「かしま」艦長

2000年7月4日、20世紀最後のアメリカ独立記念日を祝う洋上式典に参加するため、多くの艦艇がニューヨーク港に集まりました。

翌日の5日、英国の豪華客船「クイーンエリザベス号」が入港してきましたが、急流に流された客船は、海上自衛隊の自衛艦「かしま」の船首部分に接触してしまったのです。

着岸した「QE」からすぐに、船長のメッセージを携えた機関長と一等航海士が謝罪にやってきました。そして相手の謝罪に対応した「かしま」艦長はこう答えました。

「幸い損傷も軽かったし、別段気にしておりません。 それよりも女王陛下にキスされて光栄に思っております」
この言葉はロンドンにも伝わり、ユーモアセンスを評価する声が多く上がったそうです。

モーツァルト

モーツァルトとファンのとある会話です。

ファン:モーツァルト、交響曲を書きたいのですが、どのように始めたらいいか教えてください。

モーツァルト:交響曲はとても複雑な音楽です。もっと単純な音楽から始めて、それから交響曲へ進むといいですよ。

ファン:でもあなたは8歳の時から交響曲を書いていましたよね?

モーツァルト:ええ。でも私は誰かに作り方を聞いたりしませんでしたよ。

ウィンストン・チャーチル

英国議会初の女性代議士ナンシー・アスターと、チャーチルが衝突しているときの会話です。

アスター:私があなたの妻だったら、あなたに毒を盛るでしょうね。

チャーチル:私があなたの夫だったら、喜んでその毒を飲むでしょうな。

イルカ・チェイス

アメリカの女優チェイスと、無名の女優との会話です。

無名の女優:あなたの本、おもしろかったですよ。誰が書いてくれたんですか?

チェイス:気に入って頂けて光栄です。どなたがあなたに読み聞かせてくださったのかしら。

はるかぜちゃん

ファッションを評価する番組のコーナーで、タレントのはるかぜちゃんが嵐やゲストの向井理に言った批評に対するファンの反応と、それに対するはるかぜちゃんの返事です。

嵐ファン:お前生意気だな。嵐と共演できてるんだからそれだけでも喜べよクソガキ。

はるかぜ:共演できてるだけで喜ぶのは、ミーハーのやること。ぼくはお仕事で来てるので、誰が相手だろうと、シッカリとお仕事さしていただきます。

向井ファン:上から目線むかつくわぁ。リーダーぶるなあ。おさむくんに言ったらまぢ許さないから。

はるかぜ:こうゆうときの反応でファンの質が問われてしまいます。応援するタレントさんに、迷惑かける行為はやめましょう。

切り返し上手になるために

笑わせたもん勝ち

切り返しに困ることが多いのは、嫌味や皮肉を言われたときではないでしょうか。世界にはいろいろな人がいるので、嫌味を言われることも少なくありません。

しかし、いちいちそこで真正面から怒っていては、こちらの身が持ちませんし、何より言い負かすだけでは相手に「勝つ」ことにはなりません。

嫌味皮肉も含め、褒められたとき、無茶ぶりをされたときなど、どんなときも重要なのは、少しでも相手を笑わせること。

それは芸人のようにということだけではなく、自虐にはしりすぎて媚びた笑いをとるわけでもなく、上記でご紹介した偉人たちのようなウィットにとんだ笑いが必要なのです。

「ああ、もうかなわないや」と思わせるのがベストです!

ひらめくのではない

偉人たちがうまく切り返せるのはわかるけど、自分にもこんな返し方がひらめくかな…?そう不安になってしまったかもしれません。

しかし、日常会話で私たちがする切り返しは、ひらめきに頼るのではなく、慣れによって鍛えることができます。そのためには多くのうまい切り返しを日々発見することが大切です。

「俺と結婚してよかったな」と言われれば「あなたは私と結婚したから幸せになれたのよ」と言う。この会話を知れば、同じようなシーンに遭遇したときにちょっとアレンジするだけで立派な切り返しができるようになるのです。

海外作品などを参考に

外国の人たちの会話は表現豊かだと感じたことはありませんか?小さな子へのインタビューを見ても、大人も負けそうなほどいろいろな言葉を使って答えています。育った環境が影響しているとはいえ、学びたいですよね。

ドラマや本など、外国作品はたくさん日本に入ってきています。外国に行かなくても会話を聞けるのです。これを利用しない手はありません。

やはり、コメディの会話がとてもおもしろいです。翻訳も言葉のプロがやっているので、とても参考になります。いろいろ海外作品を研究してみてください。

関西の人に学ぶ

日本も負けてはいません。関西地方の方は、ボケやツッコミを怒涛のように会話に入れます。ボケを殺してしまって怒られた…という経験がある人もいるかもしれません。

もちろん関西の人全員がそうではないですが、おもしろい会話を重視している人が多いので、積極的に話して鍛えるという方法もあります。

「この人おもしろいな!」という人を見つけたら、弟子入りしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

会話が鍛えられるなら、とことん鍛えて自分の財産にしたいですよね。

なんでも「いいですね~」「そうですか~」と返事する人生にはさよならをして、ピシっとスパイスの効いたセリフを会話に入れてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140117171403 52d8e64b29ec4 thumbnail

本記事は、2014年01月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る