生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 視力検査で見る「あの絵」は何を意味する!?視力検査に関するトリビア

視力検査で見る「あの絵」は何を意味する!?視力検査に関するトリビア

2014年01月15日作成

 views

眼鏡やコンタクトを作る際に必須の視力測定。毎回、赤緑の二重丸や放射状の線を見せられますが、何をしているのか不思議に思ったことはありませんか?今回は、知らないうちにやっていた「あの検査」の意味を紹介します。

気球や家の絵

このイラストを映す機械は「オートレフラクトメーター」と呼ばれ、対象物へのピントを合わせる距離を測定します。この数値は、眼鏡の度数を決定する際の判断基準に使われるだけでなく、被験者の大体の視力を推測する手がかりとなる場合もあります。

「円錐角膜」や「白内障」など、眼の異常などを発見することもあります。

赤と緑の二重丸

これは、レッドグリーンテストというもので、被験者の目が近視状態か遠視状態かを測定します。赤色は光の波長が長く、光が遠くまで届く性質を持っています。対して緑色は、光の波長が短く、光が遠くまで届きません。そのため、目の状態により二重丸の見え方は次のように変わります。

  • 赤の二重丸がはっきり見える……近視
  • 緑の二重丸がはっきり見える……遠視

放射状の線

均一な太さの線を放射状に並べ、乱視の有無と角度を測定します。太く見える場所は、線が二重、あるいはぼやけて見えている箇所です。太く見える線の角度によって、乱視の角度を算出します。ちなみに、太く見える角度による乱視の角度の導き出し方は次の通りです。

  • 12時、6時の方向……180度(0度)付近の乱視
  • 3時、9時の方向……90度付近の乱視
  • 1~2時、7~8時の方向……45度付近の乱視
  • 10~11時、4~5時の方向……135度付近の乱視
乱視がない、矯正されている場合は、線が均一に見えます。

おわりに

あくまで、視力検査は度数決定の判断基準のひとつに過ぎません。目の状態や眼鏡の用途、いままで使ってきた眼鏡の度数などによって変わるため、検査の結果だけにとらわれず、測定員や医師と相談して、度数を決めてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by amanaimages)
(image by mikisaki / PIXTA)
(image by 写真AC)
(image by OrangeMoon / PIXTA)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140115172211 52d64533e35c4
  • B7084d4b 048e 4e31 a073 79b7704d6878
  • Fad2aa03 a4f4 4b61 99c2 e21a85d650dd
  • 5b2ec334 1b3a 45a2 9e04 28f2a3b25fea

本記事は、2014年01月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る