生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. クリスマスに大活躍!今から練習しておくべき「ステンドグラスクッキー」のレシピ

クリスマスに大活躍!今から練習しておくべき「ステンドグラスクッキー」のレシピ

2014年01月14日作成

 views

クリスマスのプレゼントやパーティー、クリスマスツリーにと幅広く活躍するガラスのようにキレイな「ステンドグラスクッキー」。型抜きしたクッキーとキャンディを一緒に焼くだけですが、可愛くてクリスマスらしいクッキーを作ることが出来ますよ。

今から練習して、手作りクッキーレシピの一つに加えてみませんか?

ここでは、ケーキ屋さんの知人に聞いた本格的なステンドグラスクッキーのレシピをご紹介します。

目次

ステンドグラスクッキーがクリスマスにおすすめなのは?

オーナメントにもなる!

クッキーの中にキャンディを入れて焼くだけで、いつものクッキーがステンドグラスみたいにキレイなっちゃいます。

1度にたくさん作ることができ、オーナメントにもなるので、クリスマスツリーの飾り付けやパーティーのオヤツ、お土産用のプレゼントにも丁度いいんですよ。

クッキーの材料(直径5cmで30枚分)

  • 薄力粉:200g
  • バター(またはマーガリン):100g
  • 上白糖:80g
  • 卵黄:Mサイズを1個
  • バニラオイル:少々(なくても可)
  • お好みのフルーツキャンディー:1~2袋
ここでは、オーナメントやギフト用に日持ちさせるため、砂糖の分量は少し多めにしています。

作り方(調理時間:120分)

STEP1:バターをクリーム状にする

まずはバター(またはマーガリン)を泡だて器でクリーム状にします。

クリーム状になればOKです。

STEP2:上白糖と卵黄を加える

上白糖を数回に分けて加えて泡だて器でぐるぐると5分ほど混ぜます。

その後、溶いた卵黄も数回に分けて加え、卵黄が完全に見えなくなって全体が黄色っぽくなるまで、また1分ほどぐるぐると混ぜます。

STEP3:バニラオイルを加える

最後にあればバニラオイルを加え、完全に混ざるように1分ほどぐるぐる混ぜてください。

キャンディの甘さも加わるのでお家で作ってすぐ食べるなら、砂糖は65gまで減らしても大丈夫です。

STEP4:薄力粉を加えて休ませる

ふるった薄力粉を1度に加え、へらに持ち替えて切るように混ぜたら、後で伸ばしやすいよう、生地を2、3個に分割して3~4cm厚さに手で押し潰し、ラップに包みます。

その後、冷蔵庫で1時間以上、冷たくカチカチになるまで生地を休ませます。

STEP5:キャンディを砕く

生地を休ませている間に、お好みのキャンディを丈夫なビニールに入れ、硬いもので叩いて砕いておきます。小粒のキャンディでしたら、砕かなくても大丈夫です。

キャンディが硬すぎて砕けない時は、キャンディをさっと水にくぐらせてからクッキングペーパーを敷いた天板に置き、130度のオーブンで溶けるまで加熱して、冷ましたものを割っておきます。

STEP6:クッキー生地を伸ばす

生地が十分に冷えて固くなったら、ベーキングシートを敷いた台の上に取り出し、3mmから5mmくらいの厚さにめん棒で伸ばします。

あまり薄くすると後から入れるキャンディーがあふれてしまいますが、あまり厚くすると、クッキーが焼ける前にキャンディが焦げてしまいます。
初めて作る方は、少量で試し焼きすることをおすすめします。

STEP7:型抜きをする

抜き型やナイフを使って、窓が出来るデザインにクッキーを成型し、冷たい天板に並べます。

筆者は大きさの違う星や、丸の抜き型を組み合わせてみました。

STEP8:キャンディを入れ、クッキー生地に穴を空ける

キャンディをクッキー生地の中に入れていきます。焼くと溶けて広がるので大まかで大丈夫ですが、デザインが細かいとうまく広がらないこともあるので、細かいデザインほど窓の中にまんべんなくキャンディを広げます。

オーナメントにしたいときには、ここのSTEPで糸を通す穴をつまようじなどで作ります。焼くと少し膨らむので、穴はぐりぐりと少し大きめに開けて下さい。

また、生地が手や室温で柔らかくなってしまったら、またラップに包んで冷蔵庫に入れ、カチカチになるまで冷やします。

柔らかいままだと、生地が膨らんで窓の形がきれいに出なくなる原因になります。

STEP9:クッキーの窓にキャンディを詰めて焼く

キャンディを入れたクッキー生地を、余熱なしの160度のオーブンで10分ほど焼きます。焼き上がったらすぐにオーブンから天板ごと取り出します。

クッキーの大きさや詰めたキャンディの量によって焼き時間は変わりますので、焦げないようにまめに様子を見ながら焼きます。

STEP10:クッキーの穴を広げる

焼き終わった後、オーナメント用の穴がふさがってしまっていたら、まだクッキーが熱くて柔らかいうちに穴を広げます。

STEP11:完全に冷ましてはがす

完全に冷めたら、そーっとはがして出来上がりです。焼き立てはキャンディが曇って見えても、焦げていなければ冷めるときれいに透き通ってきます。

キャンディの部分は壊れやすいので、盛り付けや飾り付けの時には、なるべくふちを持って優しく扱うのが大切です。

STEP12:完成

透き通ってキラキラのステンドグラスクッキーの完成です!

紐でつるしてオーナメントにしたり、クッキーの家の窓をこれで作ってステンドグラスにしたり、星形で作って重ねてイルミネーションのツリー風にしたり、色々楽しんでみてくださいね。

作り方のコツ

材料の代用

市販のクッキーミックス粉を使うともっと手軽にできますが、その際は必ず型抜きクッキーが出来るかどうかを確認しましょう。

ドロップクッキー用や、電子レンジで出来るミックス粉は使えません。

クリスマスに合わせるなら?

乾燥剤と一緒にタッパーなどの密封できる容器に入れておけば、クリスマスシーズンの気候なら2週間は日持ちしますので、お休みの日にまとめて作っておくことが出来ますよ。

可愛いクッキーをたくさん活用してみて!

ステンドグラスクッキーは見た目が可愛いので、ラッピングするなら透明な袋がおすすめです。簡単なラッピングでお土産にしても、可愛いので見栄えがしますよ!ぜひクリスマスに向けて、作ってみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131230015406 52c053ae14576
  • 20131229232233 52c03029c883f
  • 20140113041402 52d2e97a45943
  • 20140113041510 52d2e9beafd38
  • 20140113041638 52d2ea16d9354
  • 20131230020029 52c0552df100d
  • 20131229232431 52c0309f5ab9f
  • 20131230015519 52c053f7a28bb
  • 20131230015657 52c05459cd3a8
  • 20131229232835 52c031935ae72
  • 20131229232721 52c031498fe88
  • 20131229233055 52c0321f8da39
  • 20131230020147 52c0557b339fd
  • 20131230020320 52c055d803873
  • 20131230020404 52c0560461ece

本記事は、2014年01月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る