生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 夫を成功に導き、自分も大事にされる【良き妻的】習慣

夫を成功に導き、自分も大事にされる【良き妻的】習慣

2014年01月10日作成

 views

あなたは夫にとってどんな妻…?

ここでは、夫を成功に導き、自分も大事にされる【良き妻的】習慣をご紹介します。

これを参考に、自分がどのくらい「夫にとって良い妻」であるかどうか見極めてみてはいかがでしょうか。

目次

【良き妻的】日常生活での習慣

玄関やリビングに家族写真を飾る

玄関やリビングに家族みんなが微笑んでいる写真を飾りましょう。

男性は「家族の生活を守る」という責任を持って働いています。出社前や疲れたときに家族の写真を見れば、「よし、今日も頑張ろう!」と思わせてくれるはずです。

健康的でシンプルな食事を心がける

夫のために、と凝った料理ばかりを用意するのではなく、普段は栄養バランスを考えた、健康的でシンプルなメニューを用意するようにしましょう。

付き合いなどで凝った外食をすることも多いかもしれないので、あえてシンプルなメニューにしたほうが、男性は心から落ち着くことができます。また、節約にも繋がります。

お風呂とお酒とおつまみで、ほっとできる時間を提供

働き疲れて帰ってきた夫を癒やすために、お風呂と晩酌のためのお酒、おつまみは必ず用意しておきましょう。

ほっと一息つける時間や場所を作るよう心がけるだけで、夫の帰りがいつもよりはやくなるかもしれませんよ?

「いってらっしゃい」「おかえりなさい」

「新婚でもあるまいし」と思うかもしれませんが、これを習慣づけることで家に帰りたがらない夫はいません。

朝は「行ってらっしゃい、気をつけて」と玄関までお見送りし、夜は「おかえりなさい、お疲れさま」の声掛けをしましょう。もちろん、無理のない範囲で。

夫の身だしなみチェックをする

出社前、夫の身だしなみチェックを行いましょう。また、目に見える部分だけでなく、自分では気づきにくい口臭や体臭などもチェックし、必要であれば指摘もしましょう。

服装など、清潔で整っていると、会社での信頼性も自然に高くなるというもの。夫に会社で恥をかかさせないためにもぜひ行ってみましょう。

【良き妻的】コミュニケーションの習慣

夫がグサッとくることを言わない

男女問わず、プライドを傷つけられるのはとても嫌なものです。

夫婦という親密な関係だからこそ馴れ合いすぎず、相手がとても気にしていることや、プライドを傷つけるようなことを言うのは慎みましょう。

常にポジティブな言葉をかける

常にポジティブな言葉をかけ、ネガティブな発言は聞き流すようにしましょう。

ポジティブな言葉をかけ続けると、自分に自信を持てるようになります。夫の将来の成功につなげるためにも、ぜひ習慣化しておきたいものです。

感謝の言葉と、褒め言葉を忘れない

夫に対する感謝の言葉や褒め言葉はこまめに伝えるようにしましょう。

「あなたのお陰よ」「いつも頑張ってくれてありがとう」など、少し気恥ずかしくても口に出して言ってあげると、自分にも感謝の気持ちが返ってくるようになります。

月に1度、夫とデートする

いつまでも仲の良い夫婦でいるために、月に1度位は夫とデートの日を作るようにしましょう。

買い物でも、散歩でも、映画でも、とにかく2人で外出することが大事です。

【良き妻的】いつまでも愛されるための習慣

美容に気を遣う

いつまでたってもキレイだなあ、と思われるような美しい妻でいられるといいですよね。

キレイな奥さんでいれば、浮気される確率も自然と低くなるはずです。

ファッションに手を抜きすぎない

いくら夫の前でも、いつも手抜きファッションでいるのはやめましょう。

お洒落な人には誰しも惹かれるものです。デートのときくらいは、夫の好きなファッションなどを意識してみてはどうでしょうか。

良き妻は自分へのご褒美を忘れない!

「良き妻」は夫だけでなく、、妻として頑張る自分にも、いつもご褒美を用意しているものです。

たまには贅沢をして、お金と時間を自分のためだけに使うときも、「良き妻」で居続けるために必要なことです。

おわりに

この習慣を全てこなすのはとても無理、と思われるかもしれませんが、1つ1つはそう難しいことではありません。すでに当たり前にやっていることも多かったのではないでしょうか?

これらを習慣づけ、夫を成功に導き、自分も幸せをつかむ「良き妻」となりましょう!!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140110171336 52cfabb0a1594

本記事は、2014年01月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る