生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. プレゼン上手な社会人が重視している11のポイント

プレゼン上手な社会人が重視している11のポイント

2014年01月10日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ビジネス上で避けて通れないことも多いプレゼンテーション。パワーポイントでスライドを作成して企画を発表したり、資料を予め印刷して配ったりと、色々な場合があると思います。

また、最近では大学の早期入試や就活でプレゼン能力が求められることも多いですよね。

でも意外と「プレゼンテーションのやり方」は知らない方が多いのではないでしょうか?

ここでは、プレゼンの準備の仕方、構成の作り方から、スライドや資料を作る時のポイントなどをまとめました。

プレゼンをする時に押さえておきたいポイント6個まとめ

準備は入念にする

当たり前のことかもしれませんが、実はプレゼンが苦手だという人は単なる準備不足という場合も多いそうです。

準備が足りないと不安になって上手く話せなかったり、自信のなさが表に出てしまったりと悪いことしかありません。

プレゼンの名人であったスティーブ・ジョブスも

10分足らずのプレゼンであっても、何週間も前から準備を始め、何十時間も練習したそうです。

とのことなので、苦手意識がある人は人一倍念入りに準備しましょう。

Goodfind 次代を創るビジネスリーダー/アントレプレナーのためのキャリアサイト グッドファインド

Goodfindは、未来のビジネスリーダーとなるハイポテンシャルな大学生/大学院生に、スキルアップ・成長機会や、就職活動・キャリア構築に関する情報提供をおこなうビジネススクールです。Goodfindでは、ロジカルシンキングやグループディスカッションなどのスキルアップセミナーや、企業分析やコンサルティングファーム・ベンチャーなどの会社説明会といったキャリアセミナー、などを提供しています

www.goodfind.jp

主張、根拠、結論を明確にする

論点がまとまっていないプレゼンほど人の心を動かさないものはありません。

「私の意見は◯◯である。理由は△△だからである。よって××という結論にいたった。」という主軸を明確にして聞き手に伝えるようにしましょう。

この主軸に対して、具体的な数字やアイディアなどで肉付けしていくイメージだと無駄のないプレゼンができます。

Goodfind 次代を創るビジネスリーダー/アントレプレナーのためのキャリアサイト グッドファインド

Goodfindは、未来のビジネスリーダーとなるハイポテンシャルな大学生/大学院生に、スキルアップ・成長機会や、就職活動・キャリア構築に関する情報提供をおこなうビジネススクールです。Goodfindでは、ロジカルシンキングやグループディスカッションなどのスキルアップセミナーや、企業分析やコンサルティングファーム・ベンチャーなどの会社説明会といったキャリアセミナー、などを提供しています

www.goodfind.jp

伝えたいことは1つに絞る

伝えたいことは1つに絞りましょう。ひとつの主張から始まり、いくつかの根拠や具体的なアイディアを提示して、また1つの結論に集約されていく形がもっとも分かりやすいプレゼンと言えます。

例えば「夏の社員旅行は北海道がいいと思います。特産物もたくさんあるし自然も満喫できるし比較的涼しいからです。」というと、なんだか事実の羅列だけで魅力がいまいち分かりません。

しかし「夏の社員旅行は北海道がいいと思います。なぜなら、普段の疲れをとりリフレッシュするには北海道が適しているからです。その理由は3つあります。カニやいくらなどの特産物がおいしいという点、都内にはない自然がたくさんあるという点、猛暑を避けて涼しく過ごせるという点です。」と言われた方が「北海道に行ったらのんびりできそうだな」と感じさせることができます。

TED講演者から学ぶ「最高のプレゼン・スピーチをするために重要な5つのこと」

「聴衆の人生を変える」と言われ社会現象にまでなっているTEDのプレゼン。その...

www.lifehacker.jp

メインテーマにすぐ入る

主張やアイディアは一番最初に言いましょう。その方が聞き手の興味を引きやすく、またわかりやすく伝えることができます。

「本題に入る前に挨拶文を入れる」というのが礼儀とされている日本人にプレゼンが苦手な人が多いのはこれも原因かもしれません。

TED講演者から学ぶ「最高のプレゼン・スピーチをするために重要な5つのこと」

「聴衆の人生を変える」と言われ社会現象にまでなっているTEDのプレゼン。その...

www.lifehacker.jp

スライドに詰め込みすぎない

プレゼンでパワーポイントなどで作成したスライドを使用する場合、スライドに話の内容すべてを詰め込んではいけません。

そうすると聞き手はスライドを読むことに集中してしまい話が耳に入りません。あくまでプレゼンの中心は「自分」であるということを忘れないようにしましょう。

例えば図解や表、具体的な数字などだけスライドに入れて、肝心の主張や結論などは口で言うのがいいかもしれません。

プレゼンを通すために絶対必要な“4つ”のこと : LINE Corporation ディレクターブログ

モバイルの新規事業担当になった渡邉雄介です。最近は社内や外部でプレゼンさせていただく機会が増え、色々と学びました。自分がプレゼンする立場になったとき、"うまく説明しなければならない" という漠然としたプレッシャーから、プレゼン自体をネガティブに捉えてしまう

directorblog.jp

30秒で要約できるようにしておく

著名なプレゼンテーターであるブライアン・トレーシーは、著書の『話し方入門』の中で、プレゼンの時間が30分なら準備に6~8時間、半日だったら3・4時間、1日あったら今すぐにでも (準備なしで) 始められるというエピソードを語っています。

このようなエピソードがあるほど、プレゼンでもっとも大変な作業は「余計な部分を削ぎ落とす」ということです。

どこが重要で何が本当に言いたいのか分からなくなってきた時は30秒で要約してみましょう。本質が見えてくるはずです。

プレゼンを通すために絶対必要な“4つ”のこと : LINE Corporation ディレクターブログ

モバイルの新規事業担当になった渡邉雄介です。最近は社内や外部でプレゼンさせていただく機会が増え、色々と学びました。自分がプレゼンする立場になったとき、"うまく説明しなければならない" という漠然としたプレッシャーから、プレゼン自体をネガティブに捉えてしまう

directorblog.jp

分かりやすいプレゼン資料の作るコツ5個まとめ

Zの法則を心がける

読み手がどの順番で目線を移していくかを意識して資料を作りましょう。多くの人は視点を左上から右上、左下から右下へと「Z」を描くようにして移していきます。

ですので、単純に左から右、上から下に向かった資料ばかりではなく、Zを意識した資料作りをするように心がけましょう。

すぐできる!読んでもらえるパワーポイント資料作成のコツ | ミライFAN [ミライファン]

【ミライFAN】はじめにプレゼン機能に特化したパワーポイントですが、枚数が多いだけ、図解が詰め込まれ過ぎかえって理解しにくい等、機能に振り回され魅力に欠ける資料も散見されます。そこで今回は、格段に見やすくなるいくつかの簡単なコツをご紹介します。「読まれる」パワーポイント資料作成のコツ読み手が...

digitalfan.jp

画像は縮小とトリミングを使って編集する

資料内に画像を使うということも多いと思います。そんな時はきちんと縮小とトリミングを使って編集しておきましょう。

縮小とは画像そのものを小さくすることで、トリミングとは画像の中から使いたい部分だけ切り取ることです。

ここで注意したいのは、縮小する時には縦横の比率を変えないということです。上手くスライドに貼れないからと言って比率を変えてしまうととても変な画像になってしまいます。

拡大はできるだけ使わないようにしましょう。画像が粗くなったりぼやけてしまいます。

プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツ

普段、プレゼン資料で何気なく使用している「画像」。扱い方次第で見映えや訴求力に少なからず差がつくことをご存知でしょうか?プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツを紹介します。

ppt.design4u.jp

1スライドあたり70字~100字に抑える

見やすさ、情報量から考えて、1スライドにおける文字数は70~100字ほどがいいそうです。スライドを見ながら話を聞ける最大の量だそうです。

年配の方が多い場合や、会場が広い場合などはもっと少ない方がいいと思います。

失敗しないプレゼン資料の作り方!ポイント4つ

プレゼンテーション資料の作り方は、いくつかの主要ポイントを知っているか知らないかで、大きな差が出ます。大事なポイントをまずは学びましょう。

allabout.co.jp

文字サイズは20ポイント以上にする

パソコン画面で見ているとちょうどよく感じても、会議室や会場などのスクリーンで映してみたら文字が小さくて見にくいということはよく起こります。

そこで目安として最低でも20ポイント以上にするように心がけましょう。ただしこちらも、年配の方がいたり会場が広い場合は28ポイントなどさらに大きな文字にすることをおすすめします。

失敗しないプレゼン資料の作り方!ポイント4つ

プレゼンテーション資料の作り方は、いくつかの主要ポイントを知っているか知らないかで、大きな差が出ます。大事なポイントをまずは学びましょう。

allabout.co.jp

フォントはPがついたものを選ぶ

「MSP ゴシック」などフォント名に「P」が付いたものを選ぶと誰にでも見やすい無難な資料を作ることができます。

「P」とはプロポーショナルフォントのことで、文字によって見やすい文字幅を自動調整してくれるフォントのことです。

文字は形によって必要な幅が当然変わってくるので、それに合わせて文字幅を調整することでより見やすくしてくれます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

すぐに実践できるプレゼンの基礎知識についてまとめました。ぜひ次のプレゼンから活用してみてください。

(image by amanaimages)
(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140110143545 52cf86b17ad90
  • 20140110154142 52cf9626a91a6

本記事は、2014年01月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る