生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 今年こそは渡したい!男性から女性への「逆チョコ」のポイント

今年こそは渡したい!男性から女性への「逆チョコ」のポイント

2014年01月07日作成

 views

バレンタインデーに男子から女子にチョコレートを渡す「逆チョコ」。十数年前には聞くことがありませんでしたが、最近ではよく聞くようになり、実際に渡す人も増えてきました。

そこで、今年こそは逆チョコを成功させたい男子に、逆チョコを渡すときのポイントについて説明します。

目次

多くの女子は逆チョコを「嬉しい」

ナチュラグラッセが、女性883名を対象にバレンタインについてのアンケートを行いました。「男性からの逆チョコって嬉しい?」の質問に対して、83%が「はい」と回答。

「男性からわたすサプライズ感が嬉しい」という意見や、「男女関係なく大切な人に渡せば良い」という意見が挙げられました。

また、他の企業が行ったアンケートによると「チョコをくれた男性を異性として意識するか」の質問に、8割近くの女性がその男性に恋心を抱く可能性があると答えているようです。

画像を表示

女性83%がバレンタインに男性から贈られる"逆チョコ"は「うれしい」と回答

ネイチャーズウェイが開発製造販売しているナチュラルオーガニック メイクブランド「ナチュラグラッセ」はこのほど、女性を対象に行った「バレンタイン」についてのアンケート結果を発表した。調査は2013年11月18日~21日に行われ、883名の有効回答を得た。

news.mynavi.jp

逆チョコのメリット

サプライズ感が大きい

バレンタインは「女子から男子にプレゼントする日」だと思われています。それを逆に利用して、ホワイトデーに渡す以上のサプライズ感を演出することができます。

お返しが期待できる

義理チョコであってもホワイトデーにお返ししますね。それと同じで、逆チョコでもお返しをもらえるかもしれません。もちろんお返しが欲しくて逆チョコを渡すわけではありません。

お返しをするということは、2月14日から3月14日まで渡してくれた男子のことを考えることになります。その期間に女子が好きになってくれることも少なくないのです。

逆チョコをわたすときのポイント

勝負はバレンタイン前からはじまっている

男が渡される場合でも同じかと思いますが、何も関わりのない人に当日いきなり渡されても困惑するのではないでしょうか。「付き合ってください」と言われても良い返事はなかなか出来ないものです。

できればバレンタイン前にアプローチをかけておきましょう。早まって「好き」だと伝える必要はありません。ただ、良い印象を与えておくことが重要です。

目安としては、バレンタインまでに相手の好感度を一番高い状態にしておくことです。

事前調査も欠かせない

バレンタインに逆チョコを渡すには、事前の調査も不可欠です。バレンタインといえば、やっぱり女子が男子にプレゼントする日です。そのため、好きな女の子もだれかに渡すかもしれません。

直接なり、友達を通してなり、相手はバレンタインはどうするのか調べておきましょう。

相手を気遣った渡し方を

女性は男性以上に周りの目が気になるものです。特に、女性と友達が一緒にいるときなどにいきなり渡すのは控えましょう。渡す前に、「後で◯◯に来て」と伝えておくなど、チョコをもらったことで相手が恥ずかしい思いをしない気遣いが大切です。

周りくどいことをしない

男なら男らしくストレートに「好き」と伝えることが大切です。「逆チョコ」というのは女性にとって十分サプライズです。そのサプライズにさらに驚かせようとサプライズを仕掛けると、寒い告白になりかねません。サプライズの中では、気持ちをハッキリと自分の言葉で伝えるようにしましょう。

プレゼント選びにも工夫を

バレンタインに告白するのですから、バレンタインチョコレート選びは非常に重要です。せっかく驚かせたのに渡すものが、そこら辺でよく見るものや、近くのデパートで買ったものだと興ざめしてしまいます。

特に女性は甘いモノが大好きです。話題のスイーツや、並ばないとなかなか買えないチョコレートなど、「私のためにここまでしてくれた」と思わせることが重要です。

相手や自分のキャラクターにもよりますが、手作りチョコも有効かもしれません。その時も手抜きで作ったとバレないことが大切です。

おわりに

最近人気の「逆チョコ」を成功させるためのコツを紹介しました。バレンタインデーに男子から渡すのは緊張するものです。しかし、その緊張を乗り越えたら幸せが訪れるかもしれませんよ。

(image by amanaimages 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140107165124 52cbb1fcb379d
  • 20140107170958 52cbb6560ecba

本記事は、2014年01月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る