生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 友人とのケンカを終わらせる方法

友人とのケンカを終わらせる方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

心を開いた、本当の友人ほど、心を開きすぎて、時々、ぶつかってしまったりするものですよね。

自分の正直な気持ちをぶつけすぎて、相手を傷つけてしまったり、失礼なことをしてしまったり・・・ケンカをして、その時は腹を立てているのだけれど、あとになって、寂しくなってしまったりしますよね。

でも、謝るのって、なかなか難しいものです。意地を張ってしまったり、言葉でうまく伝えられなかったり。そんな時は、こんな方法を試してみてはいかがですか?

メールで謝る

最近の携帯メールは、絵文字もデコメも豊富で、自分が表現したいと思うことを、表現しやすくなっています。

会って話せば素直に言えなかったり、うまく伝えられなかった言葉も、携帯メールなら、素直な気持ちを、じっくり考えて伝えることができます。

可愛いデコメ入りで、「あの時は、こんな気持ちで、あんなことを言ってしまったけど、やっぱり大切な友達だと思っているから、仲直りしたい」という気持ちを素直に伝えてみましょう。

相手も、デコメの癒し効果もあって、「もう。仕方ないなぁ。」なんて、思ってくれるかもしれませんよ。

謝る内容、使用するデコメの種類によっては、相手がふざけていると感じ、不快に思うことがあるかもしれません。相手の立場に立って、使い分けましょう。

手紙で謝る

携帯で電話・メールをして連絡を取り合うことが当たり前になった今の時代、手紙をもらうことって、なかなかないですよね。

そこで、仲直りしたい友人に、手紙を書いてみるのはどうでしょう。メールよりも、手書きで書いた手紙のほうが、気持ちが伝わる場合もあると思います。

手紙に、謝りたい、できれば仲直りをしたいという気持ちを書き、封筒に、「お詫びの印に」と、相手が喜びそうなものを入れて、投函してみてください。

例えば、チョコが大好きな友人なら、チョコを一つ入れてあげてもいいし、お花が好きな友人なら、押し花を入れてあげてもいいと思います。

郵便で出しても、自分で郵便受けに入れてきてもいいと思います。めったに来ない手紙に、相手は驚き、温かい気持ちになるのではないでしょうか。

おわりに

一生のうちに、本当に心から信頼できる友人は、何人できるでしょうか。せっかくできた大切な友人を失わないためにも、意地を張るのはやめ、自分から謝りましょう。

会って話し合うのが筋だ!と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、まず、大切なのは、自分の気持ちを分かってもらうことです。文章にすることが、1番伝わりやすい方法だと思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101204213358

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る