生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. カメラを大事に扱う!カメラバッグを選ぶときのポイント

カメラを大事に扱う!カメラバッグを選ぶときのポイント

2014年01月06日作成

 views

はじめに

カメラに合ったカメラバッグがあると、安心してカメラを持ち歩くことができます。

こちらでは著者がカメラバッグを選ぶときのポイントをご紹介します。

著者が持っているカメラバッグ

  • メーカー:エレコム
  • 価格:約2500円
  • 購入時期:2013年12月
  • スペック:外側は衝撃エネルギー吸収性に優れた低反発ポリウレタン。内側はウェーブ形状の低反発ウレタンフォームで、衝撃吸収と軽量化を実現。

カメラバッグの選び方

ポイント1:サイズ

まず、持っているカメラに合ったサイズであることが大切です。ゆるいとカメラが動いてしまい落とす心配があり、ピッタリ過ぎると出し入れが大変だからです。

カメラバッグの外装に対応機種が書いてある場合もありますが、持っているカメラを取り出しやすくしまいやすいサイズのカメラバッグを選ぶためには、カメラを持参して店頭で試させてもらうか、同じカメラを持っている人のネットへの書き込みなどを利用するのがおススメです。

ポイント2:クッション性のある素材

大切なカメラを衝撃から守るために、クッション性のある素材を選びます。ウレタンやキルティングなど様々な素材のものがあります。

著者の所有しているカメラバッグは低反発ポリウレタン製で、カメラに触れる内側はウレタンがウェーブ形状になっています。

ポイント3:デザイン・色

カメラを持ち歩いて写真を撮るのは楽しいことです。楽しい気持ちがさらに盛り上がるように、機能性だけでなく、自分好みのデザインや色のカメラバッグを選ぶのがおススメです。

おわりに

いかがでしたか。カメラのメーカーが販売している純正のカメラバッグは高価ですが、純正でなくてもカメラに合ったサイズのカメラバッグを探すことができます。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131226201212 52bc0f0c12306 thumbnail
  • 20131226201302 52bc0f3eb3df6 thumbnail
  • 20131226201325 52bc0f55afc36 thumbnail
  • 20131226201239 52bc0f27616c5 thumbnail
  • 20131226201435 52bc0f9b5ec68 thumbnail

本記事は、2014年01月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る