生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 冬はなぜ寒い?雪はどうして降る?子どもにちゃんと説明してあげたい冬の気象現象の仕組み

冬はなぜ寒い?雪はどうして降る?子どもにちゃんと説明してあげたい冬の気象現象の仕組み

2013年12月20日作成

 views

お気に入り

「冬はなんで寒いの?」「雪はどうして降るの?」「なんで星が綺麗に見えるの?」と、子どもから質問された時、あなたはちゃんと答えられますか?当たり前のことすぎて、疑問に思ったことすらなかったのではないですか?

いざ子どもに聞かれた時にちゃんと説明してあげられるよう、この機会に勉強しておきましょう!

目次

Q1.「冬はなんで寒いの?」

太陽の光がきちんと当たらないから

地球の地軸が約23.5度傾いているのは理科の授業で習ったかと思いますが、冬が寒い理由はこの傾きにあります。

そもそも、太陽の光によって地面が暖められる時、地面は真上から照らされるほど、また、長い間照らされるほど暖かくなります。そして、地球の北側(北半球)は、冬の時期(12月~2月)、地軸の傾きの影響で、太陽の光が真っ直ぐに当たらず、昼が短くなるような場所に位置しています。一方、暑い夏(6月~8月)はこれとは全く逆の条件の場所に北半球は位置することになります。そのため、北半球に位置する日本は、冬が夏に比べて寒くなってしまうのです。

ただし、太陽の光によって暖められた陸地や海は急には冷たくなりません。寒さは1ヶ月あまり遅れてやってくるので、日照時間が一番少ない冬至よりも遅い1月や2月の方が寒くなるのです。

日本が、太陽の光が当たりにくく、昼の短い場所に位置することになるから。

「冬の方が太陽から遠ざかるから」というのは間違いです。

Q2.「雪はどうして降るの?」

寒い上空に上げられた水蒸気が冷えて氷になるから

実は、雪と雨が生まれる仕組みはほとんど同じです。では、雪と雨はどのようにして生まれるのでしょうか?それには、雪や雨を降らす雲ができる仕組みを知る必要があります。

雲のもとになるのは、海や川などの水が太陽熱で暖められることで生まれた水蒸気です。水蒸気は、そのまま暖かい上昇気流に乗って上空まで運ばれることがあるのですが、上空は気圧が低く、地表に比べてとても寒いので、水蒸気は水滴や氷の粒に変化してしまいます。この水滴や氷の粒が集まったものこそ、雲の正体なのです。

そして、上昇気流によって高く寒い場所まで上がっていった氷の粒は、どんどん成長し、ついには大きくなりすぎて重さで下に落ちてきます。その時、氷の粒は雲の中にある水蒸気をどんどん吸収して大きな雪の結晶へと成長するのです。

こういった仕組みで、雪(と雨)は発生します。そして、雲から出るまでに、気温が暖かいために溶けてしまったものは雨として、気温が低く溶けずに凍ったまま落ちてきたものは雪となるのです。

水蒸気が上昇気流によって気温の低い上空に上がり、それが凝結して氷になって落ちてくるから。

Q3.「冬の空で星が綺麗に見えるのはどうして?」

空が乾燥して靄が発生しにくいから

冬は、当たり前ですが寒いものです。そして、気温が下がると空気中に溶け込める水蒸気の量(飽和水蒸気量)が低下するので、冬場はどうしても乾燥しがち。このことは経験的になんとなく分かると思いますが、実はこの乾燥が、冬に星が綺麗に見える秘密に大きく関わっています。

そもそも、冬以外の季節で星が見えにくいのは何故なのでしょうか?それは、星をはっきり見えなくさせる靄(もや)が空にかかっているから、というのが大きな理由です。では何故この靄は冬には現れないのでしょうか?それは、靄が湿度が高い時に発生するものだからです。冬場は乾燥して湿度が低く、この邪魔な靄が発生しにくいため、空が澄んで星が綺麗に見えるということです。

冬場は乾燥して靄が発生しにくいために、空が澄んでいて星が綺麗に見える。
その他、冬は単純に明るい一等星が多いから、という理由もあるそうです。

おわりに

子どもの「なぜ?」を無駄にしないためにも、しっかり理解して説明できるといいですね!

(image by amanaimages 1 2 3 4)

Twitterで紹介!

この記事で使われている画像一覧

  • 20131220164909 52b3f675af65c
  • 20131220171229 52b3fbed46780
  • 20131220171534 52b3fca6bc973
  • 20131220171607 52b3fcc7b44fe

本記事は、2013年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る