生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8.  
  9. 置場と用途に合わせて選ぼう!スリッパラックを選ぶポイント

置場と用途に合わせて選ぼう!スリッパラックを選ぶポイント

2013年12月20日更新

 views

お気に入り

はじめに

家の中ではスリッパを履かない生活をしている筆者一家ですが、お客様が来るときにはスリッパが必要になってきます。

普段はあまり使わない、もっぱらお客様用のスリッパラックですが、見えるところに置く以上、インテリアの一部として、ある程度考えて選ぶ必要があると思います。

そこで、筆者がスリッパラックを選ぶ際に考慮したポイントについてご紹介したいと思います。

筆者が持っているスリッパラックについて

  • メーカー:不明(ニトリにて購入)
  • サイズ:幅27cm×奥行15cm×高さ60cm、4組分のスリッパを収納可能
  • 素材:木製
  • 価格:2,500円程度だったと思います。
  • 購入時期:2010年5月頃

スリッパラックの選び方

ポイント1:通路に置くので薄手のもの

スリッパラックは玄関に置くものですが、筆者の家の玄関は、上がってから右手に扉、左手はすぐに通路となるため、棚型のスリッパラックのように、場所を取るものは使用できませんでした。

扉の前には置けないので、通路のわきに寄せて置いておける、薄型のものが必要でした。

実際に下の写真のごとく、玄関の上り口の通路に常時置いていますが、じゃまだと思ったことはないです。

通路になるようなところや、狭いところにスリッパラックを置きたい場合は、薄手のものを選ぶと場所をとらなくてよいと思います。

この写真では撮影用に1組しか入れていませんが、通常は4組いれています。

ポイント2:取りやすさと収納しやすさ

家の入るときにスリッパを取り出す際に取り出しやすく、そして家から出るときには収納しやすいものがいいです。下駄箱のように、棚型になっていると、出し入れが激しい時など結構面倒な部分もあります。

購入したスリッパラックは、スリッパを立てて引掛けておくタイプで、取り出しも収納も楽です。

ポイント3:お客様用限定なら大きいものは不要

筆者の家では、家族全員家の中ではスリッパをはいていないので、スリッパはもっぱらお客様用という形になっています。

家族の分のスリッパも含める必要がある場合は、それなりの大きさになってしまうと思いますが、お客様用と割り切ったので、大きいものは場所をとってしまうため、その点ではサイズ的にコンパクトで4組分というのはちょうどよかったです。

家族用でスリッパラックが必要な場合でも、この寸法であれば玄関に家族用とお客様用という形で2つ並べることも可能なのではないかと思っています。

おわりに

形やら色やら、いろいろなスリッパラックがありますが、置くスペースや用途を考えると、おのずと選ぶべきものは決まってくると思います。これらのポイントがスリッパラックを選ぶ際に参考になれば幸いです。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131217224250 52b054da8b366
  • 20131217231803 52b05d1b24d7a

本記事は、2013年12月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る