生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. できる男は朝から違う!今年やってみたい「エクストリーム出社」とは

できる男は朝から違う!今年やってみたい「エクストリーム出社」とは

2013年12月17日作成

 views

(image by amanaimages)

毎朝出勤の時間はつらくはないですか?男のロマンとは、バカらしく思えることに全力を注ぐことです。この辛い通勤の時間を思い切り楽しんで乗り切ってみませんか。

そこで今回は、最近話題になっている「エクストリーム出社」について説明します。

目次

エクストリーム出社とは

エクストリーム出社」とは、エクストリームスポーツ(?)の一種で、いかに極限状態のスゴイ出社が出来るかが競われます。

日本エクストリーム出社協会によると、

エクストリーム出社とは、早朝から観光、海水浴、登山などのアクティビティをこなしたのち、定刻までに出社をするエクストリームスポーツである。このスポーツのプレイヤーは、一般的な通勤者と区別して「出社ニスト」と呼ばれる。

と説明されています。

スポーツとは説明されますが、要するに「出社前にそんなことしちゃうの?」といったことをしてから定時で出社することだと考えられます。

競技ルール

(image by amanaimages)

エクストリーム出社はスポーツであるため、(一応)ルールがあります。

服装

服装は基本的には自由ですが、出社時にはいつも通りのスタイルでいることだけを守る必要があります。

場所

定時までに出社ができれば、どこからスタートしてもどこまで行っても問題はありません。前日の夜に移動しておいて、アクティビティを朝にこなして出社というのもありです。

失格

出社時間に間に合わなかった場合、その時点で失格となってしまいます。

モバイルデバイス

審判や観衆が常に見ているわけではないので、モバイルデバイスは欠かせません。TwitterなどのSNSで状況をシェアし、どれほどのエクストリーム出社か判断してもらいます。

採点基準

採点基準は、「移動」「アクティビティ」「演出」の3つに分かれています。

「移動」では、手段や距離などが採点対象となり、オリジナリティのある通勤手段や会社から離れたところからスタートすると、よりエクストリームと判断されやすくなります。

「アクティビティ」では、出社までに行うアクティビティが採点対象となります。その地域の美味しい物やを食べたり、難易度の高いレジャーを行ったり、素敵な観光スポットを巡ったりと、どれほどエクストリームな活動が出来るかがカギになります。

「演出」は、個人でやる分には必要ありませんが、競技として参加するには必要となります。これは、SNSでの伝え方であったり、写真の臨場感などが採点の対象となります。

エクストリーム出社プラン(入門編)

(image by amanaimages)

ジョギング

手始めに、簡単なことから慣らしていくと「エクストリーム出社」を理解できるようになるかもしれません。たとえば、朝早く起きてジョギングをしてから出社してみましょう。

あまりポイントは高くはありませんが、少し疲れた体で出社することの気持ちよさや大変さを実感できるかもしれません。

トレーニング

出社前にジムでトレーニングは、すでに実践している人もいるかと思います。いい汗を流して出社するのは気持ちいいものですよね。

近場の観光

エクストリーム出社に大事なのは非日常感です。いつものルーティンから外れることが大切です。例えば、東京勤務であれば早朝に東京タワーやスカイツリー周辺の観光、築地市場で朝ごはんなど、簡単な観光を入れることでもエクストリーム出社となります。

カラオケ

勤務後にカラオケに行く人は多いかと思いますが、出勤前に行くというのはどうでしょう。月曜日の憂鬱な気分を吹き飛ばして、一週間元気に出社してみましょう。

山手線一周

電車で山手線一周するのも楽しいものです。通勤ラッシュが始まる前の空いている時間に、山手線に乗って、気になった駅で降りて朝食を食べるというのも良さそうです。

エクストリーム出社プラン(中級編)

(image by amanaimages)

温泉

近場の温泉に早朝に行くことで、リラックスした状態で出社することができます。過去には、大江戸温泉物語や伊豆、箱根へ温泉に行った出社ニストもいるようです。

小旅行

エクストリーム出社協会の中の人は、鎌倉観光をしてから出社するということを過去にしていました。他にも、高尾山登山や東京湾一周など、さまざまな場所に行っている人が見られます。

前泊

エクストリーム出社では、前泊も可能です。退社後の夜に移動し、ホテルに泊まり、次の日の朝にアクティビティをこなします。

ピクニック

「オモコロ」で有名なセブ山さんは、初めてのエクストリーム出社でピクニックを体験していました。友達を呼んで公園でBBQをしてから出社というのも楽しいものです。

エクストリーム出社プラン(上級編)

(image by amanaimages)

海水浴

海水浴というのは疲れる上に、髪がパサパサになったり砂が付いたりとめんどくさいものです。それをあえて出社前に行うというのは、なかなかエクストリームなのではないでしょうか。

サーフィンにチャレンジしてみたりといろんなことができるので、楽しそうなプランでもあります。

カヌー

出社ニストには、激流カヌーを体験してきたという人もいました。カヌーも疲れる上に、出社前にやることは考えづらいので、レベルの高いエクストリーム出社だと言えます。

ひとりキャンプ

最近人気のある「ひとりキャンプ」をしてから出社するというプランもおすすめです。テントを立てて前泊をして、次の日には釣りや森林浴などキャンプを十分に楽しんで出社しましょう。

合コン

かなりエクストリームなプランとしては、合コンに参加するというものがあります。参加者を集めるのが難しい上に、合コン自体も楽しまなくてはいけません。二次会などに行ってから出社をすると、さらにハイレベルになります。

飲酒はあくまで自己判断で。

エクストリーム出社のメリット

エクストリーム出社は一見ふざけているように見えますが、さまざまなメリットがあるようです。

明日が楽しくなる

次の日にエクストリーム出社を計画していると、それだけでその日を楽しみに過ごすことができます。「まだ水曜日かぁ」などと思っている人も、週の真ん中に楽しみを持ってくることで、頑張る希望を見つけることができます。

出勤時間が楽しくなる

毎日満員電車に乗って通勤するのは憂鬱なものです。しかし、エクストリーム出社であれば、朝の空いている時間に移動出来るだけでなく、出社時間に間に合うかと楽しみながら会社に向かうことができます。

時間を有効に使える

社会人になると、週末か退勤後しか自由な時間がないように思えます。しかし、早朝の時間を有効に使うことで自由な時間を増やすことが出来るのです。

朝にBBQして、夜に飲み会などといった一日で2回遊ぶことも出来るようになります。

心に余裕が生まれる

毎日に楽しみがない人は、辛いことばかりを考えていっぱいいっぱいになってしまいます。しかし、少しでも楽しみを挟むことで、心に余裕が生まれ、仕事にもいい影響を与えるのです。

おわりに

今話題のエクストリーム出社を紹介しました。毎日つらいお仕事を、楽しく過ごしたいと多くの人が思っていますね。そんな辛い毎日を、楽しみのある人生に変えてみませんか。

この記事で使われている画像一覧

  • 20131217162219 52affbab209c3
  • 20131217164217 52b000591dcd1
  • 20131217170724 52b0063c63fe1
  • 20131217170816 52b00670da79f
  • 20131217170857 52b00699836af

本記事は、2013年12月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る