生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 本当は行きたくない!夫の実家へ帰省する妻の本音とやってはいけない夫の言動

本当は行きたくない!夫の実家へ帰省する妻の本音とやってはいけない夫の言動

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

年末年始の予定はもう決まっているでしょうか?毎年、年末年始はお休みを利用して家族で実家に帰省しているという方も多いと思います。

久しぶりの家族団らんを心待ちにしている方もいらっしゃるでしょうが、実は世の奥様方にとって夫の実家への帰省はかなりストレスフルなイベントのようです。

実家への帰省を終え家に帰ってきた途端、奥様の機嫌が悪くなっていて不思議に思った経験はありませんか?

それはもしかしたら、旦那様の帰省中の心ない態度や言葉が原因かもしれません。

そこで本記事では、義実家への帰省に対する奥様たちの本音と、奥様の機嫌を損ねないために、やってはいけない旦那様の言動についてご紹介します。

奥様たちの本音

居心地が悪い

義実家といえど、奥様にとっては「他人の家」。せっかくのお正月にのんびりしたいのは女性も同じです。でも、義実家にいる間は姑の目が気になって落ち着けないという方がほとんど。会話も弾まないので気まずい空気に耐え切れないという奥様も多いようです。

台所仕事が面倒

おせち料理やお雑煮など、お正月の料理は手間がかかり品数も多いので、台所仕事はかなり大変。しかも、台所は女性にとって自分の領地のようなものですから、義実家で姑を手伝うのは気苦労が多いようです。何から何までやってしまうと、姑にとっては自分の領地を荒らされているようなものですし、逆に任せすぎると「気の利かない嫁」というレッテルを貼られ小言を言われてしまいます。姑に気を遣いながら、台所仕事もこなさなければならないのでかなりハードな状況です。

他の嫁と比較されるのが嫌

旦那様に兄弟がいる場合、他のお嫁さんと比較され嫌な思いをする奥様も多いようです。直接けなされるわけではなくても、「◯◯さんはとても気がつく」とか「◯◯さんは料理が上手」など、他のお嫁さんばかり褒めるような発言をされ「それって私がダメな嫁ってこと?」と傷ついている人もいます。

姑からのお小言がストレス

表面上ではうまくいっているように振舞っていても、実はお互い睨み合っているというのが女同士というもの。姑からの嫌味や小言に悲鳴を上げている奥様が多数見受けられます。立場上言い返すこともできないし、男性は女性同士の水面下のバトルにはまったく気づかないものですから、夫に助けを求めることもできません。じっと我慢するしかないので、ストレスがたまってしまいます。

やってはいけない夫の言動

上記のように、義実家に帰省中の奥様はかなりナーバスな状態。そこに旦那様の無神経な言動が重なると、奥様のストレスが頂点に達してしまうことは容易に想像できるでしょう。周囲の目があるのでその場ではなんとか我慢しても、家に帰った途端怒りが爆発し大喧嘩に発展することもあるようです。少しでも奥様を刺激しないために、やってはいけない言動パターンを覚えておきましょう。

妻をほったらかして寝てしまう

旦那様にとっては自分の実家ですから、居心地もよくリラックスしてついうとうとしてしまうこともあるかもしれません。しかし奥様は、唯一の味方である夫が寝てしまうと、かなり心細い状況になってしまいます。せめて、台所仕事が終わって奥様が一息つくまでは、何が何でも起きていましょう。

妻をネタにして話す

奥様の失敗談や恥ずかしい話などをネタにして話すのはやめましょう。ウケを狙ったつもりでも、それが原因で姑から嫌味や小言を言われたり、何もなかったとしても奥様にとっては自分の悪口を言われているような気がして気持ちのいいものではありません。

亭主関白を装う

家族の前で見栄を張っていきなり奥様を「お前」呼びしたり、命令口調になる旦那様も多いようです。逆にあまり手伝いをしすぎても「鬼嫁」として奥様の印象を悪くしてしまいますが、必要以上の亭主関白は奥様の逆鱗に触れるようです。

マザコンを発揮する

母親を大切にするのはいいことですが、久しぶりに会ったからといって奥様の前でマザコンを発揮するのはやめましょう。「お母さんの料理が一番」「お母さんはいつも綺麗」など、母親のことばかり褒めるのは奥様にとってはかなり苦痛なこと。逆に「◯◯の煮物はお母さんのと味が似てて美味しい」など母親を立てつつ、サラッと奥様のことを褒めることができたら完璧な旦那様と言えるでしょう。

おわりに

女性にとっては憂鬱な夫の実家への帰省ですが、旦那様の対応次第で気持ち良く過ごすことができます。

奥様の気持ちを汲んで、しっかり労ってあげてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131217124023 52afc7a78ab58

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る