生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 気分はまるでお姫様!世界の宮殿・古城ホテルまとめ

気分はまるでお姫様!世界の宮殿・古城ホテルまとめ

2013年12月16日作成

 views

「大きくなったらお姫様になりたい!」とはまさに女子の夢ですが、現代日本において、本物のお姫様になるには皇族になる他ありません。一般人には到底届かない望みですが、せめて気分だけでも味わいたいもの。そこで今回は、「お姫様」気分を味わえる、世界の宮殿・古城ホテルを集めてみました。

古城

シャトードモンヴィラルジェンヌ(フランス)

フランス・シャンシティ地方にある旧ロスチャイルド家のお城。現地には日本人スタッフも滞在しており、フランス語が得意ではない方でも安心して宿泊ができます。

お城の周りは森に囲まれており、喧騒とは無縁のゆったりしたひとときを過ごせる、まさに日常に疲れた大人が羽根を休めるための空間です。

シャトードナミュール(ベルギー)

ベルギー・ナミュール地方にあるシャトードナミュール。丘の上に建てられたこのお城からは、ナミュールの街を一望でき、まさに絶景です。

古風な外見に反し、部屋はシンプルモダンな設計で、居心地も抜群のホテルとなっています。

ドルンレッシェンシュロス・サバブルク(ドイツ)

別名「メルヘンの森」と呼ばれるラインハルトの森に囲まれ、「眠れる森の美女」に登場するお城のモデルとなったことで有名なドルンレッシェンシュロス・サバブルク。

バラと森に囲まれた佇まいは、絵本の世界からそのまま出てきたようなメルヘンさと、重厚感で溢れています。宿泊部屋のなかには、天蓋付ベッドのある部屋もあり、まさに「姫気分」を満喫できるホテルです。

宮殿

オベロイウダイヴィラス(インド)

アメリカの旅行雑誌「コンデナスト・トラベラー」の2007年読者投票ホテル・リゾート部門で世界2位に選ばれたオベロイウダイヴィラス。東京ドーム約2.5倍の面積を誇る広大な敷地の中にある、ゆったりとした宮殿です。また、内観はまさに豪華絢爛。バスルームには大理石を使用し、戸棚には工芸細工が施されていて、細かいところまで趣向が凝らされています。

夜になるとライトアップされた宮殿が夜景に映え、幻想的な雰囲気を演出します。

ジ・オベロイ・アマールヴィラス・アグラ(インド)

インドの世界遺産、タージマハールを全部屋から望める「ジ・オベロイ・アマールヴィラス・アグラ」。中に入ると、広々としたロビーが出迎え、外の喧騒を忘れさせてくれます。

また、たっぷりの水を使った中庭は、夜になるとまるでファンタジーの世界のような美しさをみせてくれます。

ランバーグパレス(インド)

ジャイプールのマハラジャの宮殿をホテルに改装したランバーグパレス。王の位の人物が住んでいた場所とあって、高い天井と広々とした室内は、とてもゴージャス。スタッフの教育も行き届いており、VIP気分が味わえるでしょう。

また、朝には無料で本場のヨガを体験できるという女性にはうれしいサービス付きです。

タージレイクパレス(インド)

湖に浮かぶ宮殿、タージレイクパレス。位置からして、非日常的な空間のホテルですが、外観、内観、サービスなど、あらゆる面で他のホテルとは一線を画しています。

宮殿には専用のボートに乗って向かい、花のシャワーとスタッフの奏でる音楽でお出迎え。夕焼け時に湖に反射しながら太陽が沈んでいく光景はまさに絶景です。

おわりに

いかがでしょうか。趣のある古城や宮殿で過ごす時間は、きっと何にも変えがたい贅沢。少し特別な旅行や、非日常を味わいたいときには、ぜひ訪れてみてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131216124731 52ae77d35f6d4

本記事は、2013年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る