生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 受験生の子を持つ方必見!「獅子舞」に頭を噛んでもらうと学力向上するって本当?

受験生の子を持つ方必見!「獅子舞」に頭を噛んでもらうと学力向上するって本当?

2013年12月16日作成

 views

お気に入り

お正月など縁起の良い日に見ることができる獅子舞。大きな獅子頭をかぶり、力強く踊る姿はとても迫力があります。

みなさんはこの獅子舞にはどんな意味があるか知っていますか?そこで本記事では、この正月に見る獅子舞についてご紹介したいと思います。

目次

獅子舞のはじまり

起源は?

獅子舞の起源は諸説ありますが、中国またはインドから日本にもたらされたものだと言われています。

現在では獅子舞は日本全国に広まっており、舞のバリエーションや様相は多岐に渡ります。

室町時代から全国各地に広がる

日本での獅子舞の始まりは、16世紀初めに伊勢の国の飢饉・疫病を追い払うために獅子舞を正月に舞わせたのがきっかけだと言われています。

その後、祝い事や祭り事で獅子舞を行うことが定着し、その風習は室町時代から江戸時代の初期ころまでに日本各地に広まったそうです。

獅子舞の意味

飢饉や疫病を追い払うために始まった獅子舞は、悪魔払い・疫病退治の意味合いが込められており、悪魔を払って良い年を迎えられるようにと大衆に広く信じられてきました。

世の中を祝う縁起物としてお正月などで多く見られるようになったのも、このような由来があるためです。

獅子舞の見た目

獅子舞は獅子頭と呼ばれる獅子の頭部を被っています。胴体は1人で入るもの・複数人で構成されるものなど地域によって多岐に渡っています。

獅子舞の獅子頭は、ライオンが原型であると言われていますが、地域によっては、竜・鹿・猪・虎・麒麟などがあるそうです。

獅子舞の種類

日本の獅子舞はこれまで上述してきたように日本各地で様々なバリエーションがありますが、大きく分けて二つの系統があります。

伎楽系(ぎがくけい)

西日本を中心に全国に広まった獅子舞で、基本的には2人以上で構成されています。胴体部分に入る人数によって大獅子、中獅子、小獅子があります。正月に見られる獅子舞はこのタイプが多いそうです。

風流系(ふうりゅうけい)

関東・東北地方などで主に見られる獅子舞です。基本的に1人で1匹を担当しています。1人立ちの舞いで、腹に括りつけた太鼓を打ちながら踊るものなどがあります。

獅子舞が人の頭を噛む行為とは?

テレビや新聞などで初詣に行く参拝者の頭を獅子舞が噛んでいる光景を見たことはありませんか?

この行為は一体どんな意味があるのか気になりますよね。ここではどんなご利益があるのかご紹介します。

邪気を食べている

頭を噛む仕草は、実は人に取り付いた邪気を食べて取り除いているそうです。そのため頭を噛まれた人は獅子舞に悪魔払い・疫病退治をしてもらっていたということです。

子どもが頭を噛まれると?

特に子どもが頭を噛んでもらうと強い厄除けになり、子どもの成長・学力向上・無病息災にご利益があるとされています。

次世代を担う子どもたちが何事もなく健やかに元気に育ってほしいという思いから、道中で獅子舞に会った時、優先的に子どもを選んで頭を噛んだりするようです。

おわりに

身体の小さな子どもには少し怖そうな獅子舞ですが、実は襲ってきているのではなく、その子の成長を願って魔除けをするために来てくれているのです。

怖がりながらも獅子舞に噛まれる子どもの姿がなんとも愛らしいですね。ぜひ子どものいる方は獅子舞に遭遇したら、獅子舞に頭を噛んでもらいましょう!

(image by PresenPic)
(image by PIXTA 1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131216162722 52aeab5aa4b9a
  • 3f6cf710 0e0a 48d1 a459 2e34cc227abd
  • 77d677d8 c9e7 4d40 b26b 61c442783240

本記事は、2013年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る