生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. かまくらの中でバーベキューができる温泉街!2014年の寒い時期は「湯西川温泉・かまくら祭」に行こう

かまくらの中でバーベキューができる温泉街!2014年の寒い時期は「湯西川温泉・かまくら祭」に行こう

2013年12月16日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

冬といえば雪、雪といえばかまくらがありますよね!皆さんはかまくらを作って入ったことはありますか? 積雪がない地域の方はなかなか難しいかもしれませんね。

ここでは、かまくらに入って食事などができる、冬にオススメのスポット「湯西川温泉かまくら祭」をご紹介します。

湯西川温泉

かまくら祭は、この湯西川温泉街がメインで行われます。まずはその湯西川温泉を紹介します!

場所

湯西川は、栃木県日光市にある土地です。源平合戦に敗れた平家一門がこの地に逃げ延びて隠れ住んだと言われています。

湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行きに約30分乗車すれば到着です。自然が迎えてくれます!

旅館によっては無料送迎バスがあるようです!

泉質と効能

刺激が弱く、利用範囲が広い温泉です。肌にもやさしいので高齢者向けで、病後回復期の療養や外傷後の療養にも適しています。

火傷、筋肉痛、打ち身、捻挫、腰痛、糖尿病、疲労回復、冷え性などに効くそうです。

旅館

湯西川温泉街には多くの旅館があり、それぞれにプランが用意されています。どんな旅館があるのか、ほんの一部だけご紹介します!

日帰りプラン|彩り湯かしき 花と華|栃木県 湯西川温泉 旅館

湯西川温泉(栃木県日光市)の旅館です。渓流を望む湯船での温泉めぐりと、野趣溢れる深山の郷土料理でくつろぎのひと時をお過ごしください。

www.yunishigawa.co.jp

「花と華」

日帰りプランもあり、料理がとても美味しいと評判です。築200年と、歴史のある旅館です。

湯西川温泉 享保3年創業の老舗、桓武平氏ゆかりの宿平家の庄【公式】

栃木県日光市湯西川温泉 桓武平氏ゆかりの宿 平家の庄。1718年(享保3年)創業。桓武平氏良文流~平姓大類氏38代“秘境の老舗旅館”“癒しの宿”関東・甲信越エリア(11~50室)部門【売れた宿ランキング1位】を6年連続受賞中!自家源泉100%掛け流し。

www.heikenosho.co.jp

「平家の庄」

「絶景!貸切露天」という貸切風呂プランがあり、1グループ2100円で利用できるそうです!

栃木県日光市湯西川温泉 秘湯とぬくもりの宿 平の高房

栃木県日光市湯西川温泉の奥にある旅館(ホテル)。秘湯とぬくもりの宿 平の高房。湯西川名物の囲炉裏料理と栃木県の和牛、うなぎなど他では味わえない料理ばかり。すべて自家源泉かけ流し露天風呂の温泉でお寛ぎください。

www.takafusa.jp

「平の高房」

囲炉裏での食事に大満足との声が多数です!40分無料で貸切露天風呂を利用できます。

ここで紹介したのはほんの一部の旅館です。他にもたくさんの旅館がありますので、比較してみてください!

かまくら祭

冬に湯西川温泉に行ったら体験したいのが、このかまくら祭です!2014年で21回目を迎えるこのイベントは、湯西川温泉街をメイン会場に、かまくら体験やライトアップなど、雪見を存分に楽しめます!

昼はソリにバーベキュー!

昼は雪のすべり台でソリ遊びができます。また、予約をしていけば、大人4人ほどが入れるかまくらの中でバーベキューが楽しめます!

雪に慣れない地域の人は思わずテンションが上ってしまいますね!かまくらの中は意外と暖かいので、寒い日でも安心して行ってみてください!

温泉街では、このように趣向を凝らした雪だるま達が街道に飾られるそうです。どんな雪だるまに出会えるかも楽しみの1つですね。

気温が暖かい日などは、予定が変更されることもあります!

夜は幻想的

夜になれば、河川敷などに並ぶミニかまくらのロウソクが灯され、幻想的なときを過ごせます。その優しい光で会場の人をほっとさせてくれます。大切な人と見に行きたいですね。

  • メイン会場(沢口会場):毎日点灯
  • 沢口河川敷会場:火曜日から日曜日に点灯 ※月曜日は点灯を行いません
  • 平家集落会場:日曜日・月曜日に点灯

詳細

  • 開催期間:平成26年1月25日(土)から平成26年3月9日(日)
  • 料金:かまくらバーベキュー1人1500円(2人より要予約)プラス、かまくら貸出料(1棟)1000円
  • 営業時間:会場9:00~21:00、かまくら11:00~15:00、ミニかまくらライトアップ17:30~21:00
  • 公式サイト:ゆらり湯の路 湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会

雪道なので、ヒールや革靴は避けたほうが良さそうです!

おわりに

いかがでしたか?

温泉に入れるだけではなく、かまくらやライトアップといった雪見イベントも楽しめる湯西川温泉。山奥にありますが、非日常が味わえます。

雪に馴染みがない方はもちろん、積雪地域の方も個人でかまくらを作るのは大変なことなので、ぜひ湯西川へ行って、寒い1月は温泉とかまくらを楽しんでみてください!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131216101110 52ae532edfafa

本記事は、2013年12月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る