生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 雨にも風にも負けないお正月の風物詩!室内で遊べる「無風凧」がおもしろい!

雨にも風にも負けないお正月の風物詩!室内で遊べる「無風凧」がおもしろい!

2013年12月13日作成

 views

お正月の風物詩のひとつに、凧揚げがあります。少子化のこともあり昔に比べて凧揚げをする人は少なくなってはいますが、地域で凧揚げの大会が開催されたりと、風物詩としての地位はしっかり確立されています。

凧揚げは普通外で遊ぶものというイメージがあると思いますが、室内で遊べる凧が存在することをご存知ですか?

ここでは、外に出なくても凧揚げができる、今後注目されるであろう室内専用の凧をご紹介します!

出不精でも遊べる室内専用凧

空き地が見つからない…今日雨だ…外に出たくない…でも凧揚げはしてみたい。そんなワガママをきいてくれる凧があるんです!

ホームカイト

画像を表示

今年タカラトミーから発売された室内凧です。電気式で動作する小型の凧なので、広いスペースがなくても悪天候でも凧揚げを楽しめちゃいます!

コントローラーに内蔵されたモーターをハンドルで回すことで発電し、凧糸の部分の電線に電気を送る仕組みになっています。

本物の凧揚げが難しいように、このホームカイトも揚げるのがなかなか難しいのです。しかし一度揚げたときの快感を覚えると、つい夢中になってしまいます!

70年代に大ヒットしたアメリカの「ゲイラカイト」がモチーフだそうです!

Revolution kite

アメリカのものですが、こちらも室内凧です。無風な状態で飛ばせる本格的な凧です。凧をスピンさせたりスローな動きをさせることができます!

こちらの凧は大きいので、家庭で遊ぶ…というわけにはいかないと思いますが、体育館などでやってみるとハマるかもしれません!

Revolution kite公式サイト(海外サイト)に詳細が載っています!

無風凧フェスティバル

アメリカには室内凧揚げの大会があります。それが「無風凧フェスティバル」です。

新体操のような芸術的な競技

この大会では、自分の室内専用凧を音楽に合わせていかに上手く操縦できるかを競います。

室内凧は風に煽られない分、自由自在に動かすことができます。出場者はまるで凧とダンスをしているかのような動きで観客を魅了するのです。その動きは新体操のようです。

「第12回無風凧フェスティバル」の優勝者の演技

今年で12回目となった無風凧フェスティバルは、ロングビーチで開催されました。

そしてこの大会で、スペンサーワトソンさんという男性がが優勝しました。その映像をご覧ください。

凧が意思を持っているように見えますね!巨大な蝶とダンスしているようです!

床ギリギリまで凧を近づけたり、スローな動きやスピンなど、技術のレベルの高さが窺えます。すばらしいテクニックです!

アメリカでもこの大会の知名度はまだまだ低いですが、新しい競技として地位を確立しそうですね。

ワトソンさんが使用している凧は、先ほど紹介した「Revolution kite」です!

おわりに

いかがでしたか?

外で揚げる凧とは違って、室内での凧揚げもなかなかおもしろいと思います。興味があったら、ぜひ来年のお正月は家族みんなでチャレンジしてみてください!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131213141940 52aa98ec1a880

本記事は、2013年12月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る