生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 強火でさっと!さば缶炒飯の作り方

強火でさっと!さば缶炒飯の作り方

2013年12月19日更新

 views

お気に入り

はじめに

シンプルだけど旨みがたっぷり、さば缶を使うので基本的な味付けの失敗もありません。

また、さば缶にはビタミンB12、ビタミンD、ナイアシン、カルシウム、たんぱく質、ビタミンE等が多く含まれていて、美味しいだけでなく体にもいいんです。

ここではそんな「さば缶炒飯」の作り方を紹介します。

材料(1人分)

  • さばの水煮缶:1缶(190g)
  • ご飯:茶わん1杯
  • ネギ:適宜(1~2把くらい)
  • 卵:1個
  • チューブのしょうが:少々
  • 醤油:小さじ1~2
  • ゴマ:少々

作り方(調理時間:10分)

STEP1:ネギを小口切りにする

特に細かく切る必要はありません。ダイナミックにざくざく切っても大丈夫です。

ネギの代わりに、ニラでも美味しいです。ほうれん草でも小松菜でも代用可能です。冷蔵庫の残り野菜をうまく使ってください。

STEP2:さば缶を火にかける

さば缶を開け、フライパンに汁ごと入れます。1分くらい強火で熱して汁気を軽く飛ばしながら身をほぐします。

完全に汁けがなくなるまで加熱する必要はありません。

このとき、しょうが(チューブのものを2~3㎝くらい)を入れると臭みが気になりませんが、缶詰なので気にならなければなくても構いません。

STEP3:ご飯を入れる

熱したさば缶の上からご飯を入れます。ご飯は冷ご飯だったら、電子レンジで温めたほうが混ぜるのに扱いやすいです。

さばとご飯がうまく混ざるように強火~中火に調節して4分くらい炒めてください。

STEP4:ネギを投入する

ネギを入れてざっくり混ぜ合わせます。この時、火を強めて少し焦げ目がつくくらいにするとパリッとしてより美味しくなります。

さばもご飯も熱くなっていますので、1分くらいネギが混ざる程度でOKです。

ここでチーズを入れて少し焦がすと、より美味しくなります。また、輪切りの唐辛子を少々入れても味のアクセントになります。これらは、お好みでいろいろ試してみるのがいいと思います。

STEP5:醤油を入れる

ご飯をフライパンの隅に寄せて、空いたところに醤油をたらします。ジュッとしょうゆが焦げて香ばしい香りがしてきます。ご飯をさっと混ぜ合わせて出来上がりです。

さば缶で味はつくのですが、やはりしょうゆを加えると旨みがましてぐっと美味しくなります。

STEP6:完成

お皿に盛りつけます。STEP1でネギを入れていた器を使って丸く形を作りました。真ん中に卵を割り落して、ゴマを振ります。

紅しょうがや、青のりをかければもっと鮮やかになります。

作り方のコツ・注意点

特に難しいことはありません。強火でさっと焦げ目をつける気持ちで手早く作ってください。お肉のように火の通りを心配する必要がないので気が楽です。

黒こしょうをふってみたり、ちょっとカレー粉を入れて見たりアレンジもいろいろできますので、ぜひお試しください。

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131206194229 52a1aa154b3af
  • 20131206194927 52a1abb7dfc43
  • 20131206195552 52a1ad389af05
  • 20131206195945 52a1ae21bdfd2
  • 20131206200235 52a1aecbd80ca
  • 20131206200558 52a1af96e2ddc
  • 20131206201319 52a1b14f6d541
  • 20131206194229 52a1aa154b3af

本記事は、2013年12月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る