生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 周りに合わせて自分から合併!?第二次世界大戦後に世界から消えた国10選

周りに合わせて自分から合併!?第二次世界大戦後に世界から消えた国10選

2013年12月03日作成

 views

世界には多くの国が存在しますが、一方、消えていった国も数多く存在します。ここでは、そんな国々の中から比較的最近(第二次世界大戦以降)に消えてしまった国々を紹介します。

歴史上にこんな国があったんだ、ということを知っていただければと思います。

目次

ザンジバル王国

ザンジバル王国は戦後イギリスから独立した東アフリカの国家です。このザンジバル王国は国内の様々な勢力の動きにより以下のように名前を変えていきました。

ザンジバル王国→ザンジバル人民共和国→タンザニア

ザンジバル人民共和国とタンガニーカ共和国が合併して現在のタンザニアが誕生しました。

ビアフラ共和国

ナイジェリア南部の地域に住んでいたイボ族が1967年に独立して誕生した国家です。独立を宣言してすぐにナイジェリア軍が攻め込んできて「ビアフラの悲劇」と呼ばれる戦争になります。

結局、国としての体力が持たず1970年に消滅してしまいました。

ニザーム王国

1724年に現在のインド中部に建国された国家です。長らくイギリスに支配されていましたが、戦後イギリスから独立を果たします。しかし、独立してすぐの1948年にインドに併合されることになってしまいました。

ベマラナ共和国

ベマラナ共和国はオーストラリアの右側(東)に存在した国家です。当初バヌアツ共和国として独立が決まっていたものの選挙の結果になっとくできない島民が独立を宣言しました。

武器と言えるものは弓矢程度のものしかなかったため軍隊の鎮圧により3ヶ月で消滅してしまいました。

国旗はベトナムの色違いです。

ラアス・アル=ハイマ首長国

ラアス・アル=ハイマ首長国は現在のアラブ首長国連邦にある国家です。元々は独立した国家として存在していましたが、他の首長国が次々とUAEに加入していくのを見かねて連邦に加盟することになります。

地域的に石油が出ないので派手さはありませんが、ドバイまで車で45分となかなかいいところに位置しています。

アドゥアン人民共和国

アドゥアン人民共和国は現在のモルディブにあった国家です。モルディブがまだイギリスに支配されていた時期にイギリスの気まぐれで独立させられて、イギリスの気まぐれで解体されてしまいました。

その経験からモルディブ政府は今でも国民と外国人の接触を嫌っているそうです。

ガガウズ共和国

ガガウズ共和国はソ連崩壊と共に世に放たれた小規模国家のひとつです。場所は現在のモルドバ南部に位置しています。

一時は独立を宣言したものの、モルドバ政府から自治権を得ることが約束されたため独立を引き下げることになりました。

マハバード共和国

マハバード共和国はイラン北部でほんの一時期だけ存在したクルド人の国家です。歴史的に迫害され続けてきたクルド人の国家ですが、イラン政府の侵攻に遭い11ヶ月で消滅してしまいました。

作家の船戸与一さんの「砂のクロニクル」で題材になった国家でもあります。

ジュバランド

ジュバランドはアラビア海の火薬庫ことソマリアで1998年に地元民たちが独立を宣言して誕生した国家です。独立を宣言したもののこれを認めないソマリ軍の鎮圧を受け消滅してしまいました。

ジュバランドがあった地域は現在では国際テロ組織アルシャバブに支配されています。

シッキム王国

シッキム王国はインド北部のネパールとブータンにあった王国です。戦後イギリスの支配から解放され独立国家となったものの内側と外側で争乱が続き、ドサクサに紛れ侵攻してきたインド軍に侵略されシッキム王国は消滅しました。

ちなみに最後の国王は日本に訪れたことがあります。

おわりに

知られてはいない国が世界にはたくさんありました。何事もおわりは悲しいものです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131203102657 529d3361e9b5b

本記事は、2013年12月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る