生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 妻が有能だと夫は大成する!?成功者を支えた妻たち

妻が有能だと夫は大成する!?成功者を支えた妻たち

2013年11月29日作成

 views

お気に入り

よく、大成した人物の影には有能な妻がいるといわれます。たしかに広くその名が知られている男性たちの妻は、賢く夫を支えていたようです。

ここでは、成功した夫を支えた女性たちのエピソードをご紹介します。

目次

山内一豊の妻、千代

山内一豊とは、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将です。

織田信長や豊臣秀吉、徳川家康らに仕え、関ヶ原の戦いにおいては徳川に与し、信頼を得た人物です。

その山内一豊の妻、千代は、「夫の成功を影で支えた妻」の代名詞とも言える存在です。

内助の功

山内一豊が織田家に仕えていた頃の話です。

近々馬揃え(馬を集めてその優劣などを検分すること)がある頃に、山内一豊は城下に来た馬売りが売っていた駿馬を見かけました。

それは見事な駿馬でしたが、10両という誰も手が出せない程の高額でした。もちろん山内一豊も手が出ません。

惜しむ夫に見かねた千代は、10両を差し出しました

それは、嫁入りの際、母から授かったものだったのです。

「どんなに貧しくても、夫にどうしても困ったことがあったときにこそ役立てなさい。」と、念をおされていたので、その通り今までしまっておいたのでした。

その駿馬を手に入れた山内一豊は、馬揃えに出て、その見事な馬に信長の歓心を得たそうです。

「内助の功」という慣用句は、この逸話が語源だそうです。

サルバドール・ダリの妻、ガラ

サルバドール・ダリは、スペインの有名な画家です。自らのことを「天才」と称し、数々の奇行と逸話で知られています。

その妻となったガラは、もとはフランスの詩人ポール・エリュアールの妻でしたが、自分の10歳年下のサルバドール・ダリと恋に落ち、エリュアールと離婚して、ガラ・ダリとなりました。

「ガラは僕の魔法のランプ」

彼女はダリと共にパリの画商を回り、ダリの芸術を理解してくれる人々との関係づくりに尽力しました。

外出恐怖症のダリは、ガラのサポートで才能を十分に発揮することができました。ガラがそばにいることで、ダリは次々と傑作を生み出していったのです。

そして彼は、シュールレアリズムの画家の中で、最も買われるようになりました。

しかし、1982年にガラが死去すると、ダリは「自分の人生の舵を失った」と激しく落胆し、外に出なくなりました。そしてその翌年を最後に、もう絵を描くことはなかったそうです。

ガラは、ダリが仕事を円滑にできるよう立ちまわりました。ダリの絵で商売を始め、広報し、ときにはダリを叱咤しました。

彼女はダリにとって、恋人でもあり、マネージャーでもあり、母のような存在でもあったのです。

ダリは1930年代初期の作品にはよく「ガラとサルバドール・ダリ」と署名していたそうです。

第4代米大統領の妻、ドリー・マディソン

第4代アメリカ合衆国大統領、ジェームズ・マディソンは、「アメリカ合衆国憲法の父」としてアメリカ憲法の主要な執筆者でした。

その妻ドリーは社交界の流行を作った人物で、ファーストレディーとして夫を支えました。

皆に愛されたマディソン夫人

堅苦しい公式招待会であっても、ドリーはすべての招待客と言葉を交わそうと務めました。それだけではなく、一度紹介を受ければ招待客の顔と名前を忘れなかったそうです。

読む習慣のなかった本を持ち歩いて話題に欠かないよう準備をしていたり、人前でダンスをすることができなくても舞踏会の企画に尽力しました。

夫マディソンは、古くからの友人以外とは談話することが少なく、そうした社交の場で主役を務めたのは、話術に長けていたドリーだったそうです。

ホワイトハウスの消失

米英戦争が起こった時、ジェームズは米軍の状況を確認するためにドリーをホワイトハウスに残して出て行きました。

砲声が響き渡る中、ドリーは夫が夕方に帰るという言葉に従って食事を用意していたそうです。

そこへ使いが到着し、すぐホワイトハウスから離れるようにと言われます。

ドリーはホワイトハウスから可能な限り持ちだそうとします。そして、ワシントンの肖像画を守るためこれも持ちだそうとしますが、額が壁に打ち付けられているために運び出せません。

そこでドリーは咄嗟に機転を利かせ、画布だけを切り取って持ち出すのです。その肖像画は現在のホワイトハウスに飾られています。

ドリーは「女性版大統領」と言われたほど、賢く有能な女性だったのです。

太宰治の妻、津島美知子

太宰治は、近代の小説家です。主な作品に『走れメロス』『人間失格』『斜陽』などがあります。

太宰の文学が飛躍的に向上したのは、妻美知子のお蔭であると言われています。

忍耐し続け、執筆を支えた妻

ほとんどのことを妻に押しつけて酒を飲みに出かけたり、勝手に掛け軸を友人に渡してしまったり、自分勝手な太宰に美知子は苦労しました。

しかしそんな夫を見捨てるでもなく、むしろ彼女は子どもを育て、家事をこなし、執筆に関しても太宰を支えていました。

具体的に執筆に関しては、口述筆記、資料整理などで多大に貢献したそうです。

太宰は「蚕が糸を吐くように口述し、淀みもなく、言い直しもしなかった」そうです。美知子は心の中では呆れていても、どこか尊敬の気持ちがあったのかもしれませんね。

美知子の回想記が出版されています。

田中将大投手の妻、里田まい

最後は現代の献身的な妻をご紹介します。

11月3日、楽天が「日本シリーズ2013」において球団創設9年目で初の日本一に輝きました。

優勝に大きく貢献したマー君こと田中将大投手ですが、その妻、里田まいさんのサポートがすごかったとニュースになりましたね。

「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得

まい夫人は結婚後、「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格を取得しました。これは、スポーツ選手のための食事や栄養について学ぶ資格だそうです。

もともと料理は苦手で、本格的に始めたのは25歳からだったそうです。しかし今ではプロ級と言われ、料理本を出版するまでに。

スポーツ選手としてがんばる夫を支えたいという気持ちが伝わってきますね。

里田まいオフィシャルブログで美味しそうな料理が見られます!

おわりに

ビル・クリントン元大統領と、その妻ヒラリーの会話にこのようなものがあります。

ドライブの際にたまたま立ち寄ったガソリンスタンドのオーナーがヒラリーの昔のボーイフレンドだったときの会話です。

ビル「ヒラリー、僕と結婚してよかったね。もし彼と結婚していれば、今頃君は田舎のガソリンスタンドのおカミさんだ」

ヒラリー「何を言うの、ビル!もし私が彼と結婚していたら、彼がアメリカ合衆国の大統領になっていたわ

成功したい男性は、ぜひ有能な女性を見つけてみてください。

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131129123810 52980c223e5a4

本記事は、2013年11月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る