生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ビジネスマンの飲み会処世術!飲み会の取捨選択、イマドキの判断基準とは?

ビジネスマンの飲み会処世術!飲み会の取捨選択、イマドキの判断基準とは?

2013年11月29日作成

 views

年度が変わる時期や年末年始は、飲み会のお誘いが多くなるシーズンですね。なんとなく誘われたから、断りづらいから…という理由で飲み会に参加することもあるかと思います。

飲み会は、多くの人と話せる機会なので、これまで交流のなかった人と仲良くなれた!上司との関係が良くなった!など良い面もある一方で、付き合いで参加した飲み会のせいで貴重な機会を逃した…などという残念なこともあります。

そこで本記事では、どんな飲み会に参加すべきか?の判断基準をご紹介します。

目次

判断基準1:公式かどうか

飲み会は個人のお誘いから、会社の公式行事まで多くの場があります。その中でも優先度が高い飲み会は、会社や組織のメンバーが全員参加することが基本の公式行事型の飲み会です。

飲み会の例

  • 忘年会
  • 新年会
  • 歓送迎会
  • 年末の納会
  • 社内行事
  • プロジェクトの決起会・打ち上げ など

何かの組織に属している限り、このような全員参加が暗黙の了解となっている場は行ったほうが良いです。

判断基準2:特別な目的を感じられるか

公式ではない飲み会の場合、その会の目的を考えることも重要です。なんとなく付き合いで集まって飲んでいるだけの飲み会は、お酒の席が好きではないとなかなか大変です。

飲み会の目的でも「親睦を深める」は違います。以下の様な自分にとって特別な目的を感じれるかが判断基準になります。

飲み会の例

  • そこに出席しないと会えない人がいる
  • 貴重な情報収集になる
  • その場でしか見れないものがある
  • そこに行けば珍しい体験ができる など

仕事に活かせる事や普段体験できない事など自分にとってプラスになりそうだと感じるものは、必ず新発見があるので行ってみると良いと思います。

判断基準3:出席率の高さ

時として、公式の行事ではなく、自分としても何ら魅力を感じられない飲み会というのがあります。そのような時に判断基準にしたいのが出席率の高さです。

誰もが参加したいと思っている飲み会は、必ず参加して楽しいと思わせてくれるものがあります。また人気があるため定期開催されているものが多いです。

飲み会の例

  • 過去に参加して出席率の高かった飲み会
  • 周囲の人がまた行きたいと言っている会
  • 定期的に開催されている会
  • 幹事が同じ会 など

楽しい飲み会に出会える確率が高い一方で、出席率の高い飲み会は欠席をしてしまうとすぐに分かってしまうので余計な波風を立てない予防策としても参加したほうが良いかもしれません。

判断基準4:会いたい人の数

時には参加しない人も多いであろう規模が大きい飲み会に誘われることもあります。そんな時、参加するか考える際に判断基準にしたいものが「会いたい人の数」です。

規模の大きい飲み会は行ったとしても目的の人に会えない場合もあるので、参加しないことを検討する人も多いと思いますが、仮にその場に会いたい人が多く参加していた場合はその数だけ会える確率も高まります。

飲み会の例

  • 組織単位のもの
  • 数百人集まるもの
  • 適当に集客しているもの など

目的の人に会えなくても人づてに参加していたことを伝えてもらうことも可能なので、会いたい人の数を飲み会参加の判断基準にすることも有効だと思います。

判断基準5:主催者の思いつきか

日常で1番多い飲み会が主催者の思いつきで開催されるものです。まさに付き合いな飲み会です。

公式のものや事前に予定が決まっている飲み会は、裏で準備をしている人がいるので、断ると迷惑をかけてしまう可能性がありますが、このような思いつきのものは断ってもさほど問題がないものだと言われています。

飲み会の例

  • 突然の誘い
  • なんとなく口約束したもの
  • 当日決まったもの など

上司などの誘いは断りづらいかもしれませんが、自分の予定も大切です。とはいえ人間関係も大切なので、毎回断るのではなく、たまには行くという気持ちを持つことも大切です。

おわりに

飲み二ケーションという言葉があるように、飲み会は人間関係に大切な場でもあります。しかし自分の体は一つしかないので、上記5つの判断基準を参考により有益な場に参加できると良いですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131129144546 52982a0a32fb8

本記事は、2013年11月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る