生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 事務職の方必見!朱肉のお手入れのポイントと保管方法

事務職の方必見!朱肉のお手入れのポイントと保管方法

2013年11月28日作成

 views

事務仕事では印鑑を押す事が多いですよね。その際に不可欠となる朱肉の、筆者が実践しているお手入れ方法と保管方法についてご紹介します。

目次

このハウツーを紹介する著者について

  • 著者の社会人歴:4年
  • 著者の職種:事務職
  • 著者が勤める会社の業種:小売業
  • 著者が勤める会社の従業員数:50人

この方法を知ったきっかけ

1日に平均30枚以上の印鑑を押すので、毎日朱肉を使います。その中で、朱肉を長く、快適に使う方法を見つけました。

朱肉のお手入れ・保管方法のポイント

ポイント1:使い終わったらすぐフタをする

朱肉は乾燥させると印鑑が押しにくくなります。使い終わったらすぐにふたをして、乾燥を防ぎましょう。

ポイント2:朱肉のフチは清潔に

朱肉のフチにインクが付いたら、すぐにふき取りましょう。インクが付いたままフタをするとフタが汚れます。

うっかり汚れたフタを触った手で書類に触れて汚してしまうなんて事があり得ますので、それを防ぐのにもフチは綺麗な状態を保ちましょう。インクの汚れはすぐに拭いた方が簡単に落ちます。

筆者はティッシュを2枚くらい重ねて少し濡らし、インクの汚れを拭き取ってます。後で水気を拭うのに、乾いたティッシュで拭きます。

ポイント3:保管する時はフタをきちんとする

朱肉を使い終わったら、フタがはずれたり浮いたりしていないのをきちんと
確認して、カチッと音がするまでしっかりフタをして下さい。

フタがきちんとしてないと、せっかくインクを補充しても乾燥して乾いてしまいます。ちゃんとフタをするように心がけましょう。

朱肉のインクを上手に補充するポイント

朱肉が薄くなってきた時、初めて朱肉にインクを足す時にどうすればいいか戸惑うと思います。そんな時に役立つインクの補充のポイントについても紹介します。

ポイント1:朱肉のインクを足すタイミング

朱肉のインクは、押した時に印鑑が薄くなり、部分的に掠れるようになったら足して下さい。またインクを足すのは帰る間際がいいです。

強く押しつけたらまだ掠れずに印鑑を押せるかもしれませんが、強く押しつけると朱肉が痛みます。ですので、弱い力で朱肉に印鑑を押しつけて、印鑑を押したら掠れるようでしたら、インクを補充して下さい。

朱肉を足したすぐに印鑑を押すと、足したインクが乾ききって無いので滲みます。なので、インクが朱肉のスポンジになじむ時間を確保するために、帰る間際にインクを補充するのがベストです。

ポイント2:朱肉のスポンジの真ん中にインクを垂らす

インクを朱肉の真ん中に垂らして、全体に広げるようにすると、スポンジ部分じゃないフチの部分にインクが付くのを防げます。

インクは真ん中に山の様に盛るのではなく、水溜りのように垂らして下さい。スポンジの真ん中に内円をつくるつもりで垂らすと、広げる時に綺麗に広げられます。

ポイント3:全体にまんべんなくインクを拡げる

インクは端っこの方までまんべんなく拡げて下さい。印鑑を押す時に一部だけ掠れることが防げます。

表面がベタベタになるほどインクを付けるのではなく、表面全体がしっとりしたらインクの補填完了です。

インクはすぐに乾かないようにとベタベタになるまで足さないようにしましょう。適度が1番です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。朱肉のメンテナンスを上手にして、綺麗に押印して下さいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131121214200 528dff9885f08 thumbnail

本記事は、2013年11月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る