生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 雪にうもれても大丈夫!耐寒性の高いツゲの育て方

雪にうもれても大丈夫!耐寒性の高いツゲの育て方

2013年11月28日更新

 views

お気に入り

はじめに

ガーデニングで耐寒性が高いかどうかは、寒い地方であるのならとても大切なことです。筆者がお勧めする耐寒性の高い植物について、ご紹介していきます。

筆者のガーデニング経験

自宅の庭です。広さは、10坪ぐらいだと思います。育てている植物は、金木犀やもっこうバラです。

おすすめの耐寒性が高い植物

植物名は「ツゲ」です。開花はしません。耐寒性も耐暑性もあります。香りはありません。

特徴としてはとても強い植物で、少々水やりを怠ったぐらいでは枯れません。刈込にも強いので、トピアリーなどをつくる事ができます。

その植物の育て方

栽培環境

栽培環境は、日陰でも日向でもいいですが、なるべくなら日向が向いていると思います。筆者は、日陰にも日向にも植えていますが、やはり、日向の方が成長が早いですし、緑の色も濃いです。

植える時期

植える時期は、春か秋がオススメです。

筆者は、真砂土に、肥料が入った「花と野菜の土」のような植物用の土をホームセンターで買ってきて、まぜて植えました。

水やり

植えて1年目までは、夏場は毎日水をあげていたのですが、今は夏場も1週間に3日ぐらいの水やりです。冬場は水やりをしていません。雨だけで十分育っています。

肥料

肥料は全くいりません。もっと大きくしたいと思った時は、肥料が必要かもしれませんが、筆者は肥料をあたえた事がありません。買った植木屋さんでも、必要ないと云われました。

病気・害虫

病気にはなりにくいですし、害虫もつきにくいですが、風通しが悪くなると、カイガラ虫がつきます。剪定をきちんと春と秋に行い、こんだ枝を落としてあげるようにして下さい。

筆者がその植物を選んだ理由

丸く刈った形が可愛いからです。冬場、淋しくなってしまう庭で、丸い緑のボールのような形をしたつげがあれば、綺麗で可愛いと思い、購入しました。

その植物の最大の魅力だと思う点

手間が全くかからない点です。肥料もいりませんし、病気にもなりにくいので、本当に助かっています。冬場も緑であることも、魅力です。

もちろん、春先の新緑は黄緑いろで、鮮やかで、本当に綺麗です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?ツゲは本当にお手軽に育てることが出来ます。耐寒性がとても強い植物で、雪にうもれても大丈夫でした。

一度育ててみて下さいね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131127103427 52954c23b30ac

本記事は、2013年11月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る