生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 「セリエA」で楽しみながらリスニング力が磨ける!イタリア語のリスニング力を向上させる方法

「セリエA」で楽しみながらリスニング力が磨ける!イタリア語のリスニング力を向上させる方法

2013年11月25日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

イタリアサッカーが大好きな方、スカパー!で放送される試合をただただ見ているだけではもったいないですよ!白熱するイタリア語実況の内容を理解しながら観戦できると、試合の楽しさ倍増です!

ここでは著者が実践している、イタリア語のリスニング力を向上させる勉強法を紹介します。

著者がリスニング力向上をめざしている目的

著者は、イタリアサッカー好きが高じてイタリアに滞在した経験があります。当時はテレビを買う余裕がなく、ひたすらラジオでサッカー中継を聞いていました。

そのおかげでイタリア語のリスニング力・会話力が格段にアップしたのは間違いありません。

今でも数年に1度はイタリアへサッカー観戦に行きます。そのためにもイタリア語のリスニング力向上は必須だったのです。

リスニングの教材

著者は「スカパー!」サッカー中継を利用してイタリア語のリスニングを行っています。

「スカパー!」で放送されている「セリエA」の試合は、副音声がイタリア語設定になっています。スカパー!用リモコンの「音声切換」ボタンを押してみましょう。

お使いの機種によって「音声切換」ボタンの位置は異なります。取扱説明書でご確認ください。

リスニング力を鍛える方法

STEP1:選手の名前を聞き取る

ほとんどの現地実況者は非常に早口であるため、はじめのうちはほとんど聞き取れないかと思います。まずは選手の名前を聞き取ってみましょう。

STEP2:サッカー用語を聞き取る

「フリーキック」「コーナーキック」など、サッカー用語を聞き取ってみましょう。よく使われるサッカー用語を例に挙げてみます。

  • 「フリーキック」=「Calcio di punizione」
  • 「コーナーキック」=「Calcio d'angolo」
  • 「ペナルティーキック」=「Calcio di rigore」
  • 「オフサイド」=「Fuori gioco」
  • 「イエローカード/レッドカード」=「Cartellino giallo/rosso」

STEP3:試合の流れ全体を聞き取る

基本的にイタリアのサッカー中継は、いわゆる「解説者」を置かず、実況者がひたすらしゃべるスタイルです。

日本語の実況・解説のような「こぼれ話」はほとんどありませんので、選手の動きと実況者の言葉をシンクロさせて聞いてみましょう。

ビッグマッチの時は、OB解説者が登場する場合もあります。

STEP4:実況者の言葉をシャドウイングする

シャドウイング(後追い発声)は、会話力だけでなくリスニング力の向上にも効果的です。

言葉の意味が分からなくても聞こえた通りに繰り返しているうちに、単語の切れ目が見えてきます。

練習ペース

セリエAの試合は、毎週末に5試合程度放送されています。まずは好きな試合を1試合選んで録画しておき、毎日15分ずつに分けて上記のステップを実践してみましょう。

月曜から土曜の6日間で、90分間の1試合を消化することになります。

毎日無理なく、少しずつ訓練することが大切です!

参考サイト

サッカー用語一覧

Wikipediaのイタリアのサッカー用語一覧です。(注:すべてイタリア語で記載されています)

最新サッカー記事

イタリアの最新サッカー記事サイトです。

最新サッカー結果情報

イタリアの試合の結果などがタイムリーに紹介されています。

おわりに

リスニングの訓練と併せて、イタリアのスポーツ新聞のウェブサイトでニュース記事をチェックしてみましょう。多くのサッカー用語が使われていますので、観戦時に役立つ単語の習得につながります。

イタリアサッカー好きのみなさん、イタリア語を習得してぜひ現地で生観戦してください!

(image by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131115162807 5285cd0726061
  • 20131121151405 528da4ade01b8

本記事は、2013年11月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る