生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. サンリオ臭がすごい!?10年前くらいに流行ってそうな群馬県の「ぐんまちゃん」が今人気

サンリオ臭がすごい!?10年前くらいに流行ってそうな群馬県の「ぐんまちゃん」が今人気

2013年11月20日作成

 views

お気に入り

今、ゆるキャラ界で安定した人気を誇る「ぐんまちゃん」。しかし、このキャラクターどこかで見たことないですか?そう、10年前くらいのサンリオです。

果たして「ぐんまちゃん」はサンリオ出身なのか?それとも全く別物なのか?なんだか気になるぐんまちゃんの秘密について探っていきます。

目次

「ぐんまちゃん」ってどんなキャラ?

その名の通り「群馬県」のゆるキャラ

  • 所属:群馬県(企画部企画課ぐんまイメージアップ推進室)
  • 拠点:群馬県
  • 誕生日:2月22日
  • 年齢:(永遠の)7歳

ぐんまちゃんは、その名の通り「群馬県」で活躍するキャラクターです。平成6年に誕生して以来、20年近く活動を続けていますが、未だ一線級の人気を誇っているんですよ。

また、2012年にはその功績と将来性が評価されてか、「群馬県宣伝部長」に就任しています。

ちなみに、赤い部分は鼻ではなく口。モチーフは馬ではなくポニーです。

ゆるキャラグランプリでは見事優勝!

実はぐんまちゃん、ここ数年行われている「ゆるキャラグランプリ」にも出場していて、2014年の大会にはに1位に輝いています!また、少し昔になりますが、2005年に開かれた「第一回全国対抗キャラクターコンテスト」でも2位に大差をつけて堂々の1位を獲得しました!

「サンリオ臭がスゴイ」と一部で話題

Twitter「昔のサンリオっぽい」

しかし、このぐんまちゃん、人気は人気なのですが、一部では違った話題で持ちきりになっているのです。それは、どこか「サンリオ」的な空気を漂わせていること…

このように、Twitter上でもそこそこ指摘されています。サンリオといえばハローキティを始め、数多くの大人気キャラクターを生み出してきました。実はぐんまちゃんもサンリオ門下だったのでしょうか?

確かに似ている…?

と、その事実関係を確認する前に、本当に「サンリオっぽい」のか確認してみましょう。

こちらは、1989年にサンリオで生まれた「ポチャッコ」という犬のキャラクターです。確かに、どこかぐんまちゃんと似たような空気がありますね。無表情だけど動きがある感じが似ている気がするのでしょうか?

実はキティちゃんとも共演済み

そんな素性が気になるぐんまちゃんですが、実は問題のサンリオと既にコラボ済みなのです。コラボ商品も出ていますし、サンリオピューロランドのステージで踊ったことだってあるのです。

これだけ親和性が高いなら、「サンリオ生まれ」という憶測は事実だったということでしょうか?

実際の製作者は…

官公庁ならではの◯◯が作成!

ぐんまちゃん「群馬生まれ」なのか、それとも「サンリオ生まれの群馬育ち」なのか?ここまでのところなんとも言えませんでしたが…

実は、ぐんまちゃんを生み出したのはサンリオではありません。なんと、ぐんまちゃんの生みの親は「群馬県の職員」!キャラクターデザイナーですらなかったのです。

初代はただの馬だった

そして、もう一つ驚くべき点があるとすれば、それは”今の”ぐんまちゃんが実は「2代目」だということです。

そもそも、初代のぐんまちゃんは別にいました。それは、1983年に群馬県で開催された「あかぎ国体」のマスコットキャラクターです。実は、この大会で生まれた四足歩行の馬のキャラクターこそ、本当のぐんまちゃんだったのです。

初代ぐんまちゃんは漫画家の馬場のぼるさんがデザインしたキャラクターです。

”今の”ぐんまちゃんの正体は?

では、今のぐんまちゃんは一体誰なのでしょう?実は、今のぐんまちゃん(=2代目ぐんまちゃん)は、元々「ゆうまちゃん」という別のキャラクターとして生まれているのです。このゆうまちゃんは、1994年に群馬で開かれた「第3回全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)」のマスコットキャラクターでした。

しかし、2008年に東京銀座にアンテナショップ「ぐんまちゃん家」がオープンしたことをキッカケに、ゆうまちゃんは「2代目」を襲名したのです。そのため、現在でも群馬県の資料には、正式名称を「2代目ぐんまちゃん」として記載されているそうです。

県職員の方がデザインしたのはこちらの(2代目)ぐんまちゃんです。初代と違って著作権料が必要なく、人気も高かったので、2代目を襲名したと言われています。

おわりに

シンプルで可愛らしい顔をしていますが、実は色んな謎が潜んでいたぐんまちゃん。奥が深いキャラだったんですね。

本記事は、2013年11月20日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る