\ フォローしてね /

アラサー・アラフォーがカラオケでウケが狙える歌

カラオケに行くなら、周りの人を楽しませて人気者になってしまいましょう。

そこで、当記事では、カラオケでウケが狙える歌をご紹介します。

アラサー・アラフォー対象です。平成生まれなどのお若い方の集まりでは、ポカーンとされる危険性大なので注意しましょう。

替え歌が作りやすい曲

『ガッチャマンの歌』

『ガッチャマンの歌』は、ノリがよいので、普通に歌ってもウケますが、ぜひ替え歌にも挑戦してください。

替え歌を作るのは、冒頭の一節だけ。つまり、「誰だ、誰だ、誰だ~」のあとに、内輪ネタをいれるのです。例えば、「課長の赤ペン盗んだやつは」「クラスのマドンナ射止めたやつは」など。

文字にすると陳腐ですが、ノリノリでやると絶対にウケるので、ぜひお試しあれ。

『君といつまでも』(加山雄三)

加山雄三『君といつまでも』は、間奏のセリフ部分を創作します。

一例をあげると、

「幸せだなー。僕は課長に叱られているときが一番幸せなんだ。僕は死ぬまで営業部を離れないぞ。いいだろう」

という具合です。

出来れば、その場にいる特定の誰かに向けたメッセージがいいです。そして、セリフを言うときには、相手(上の例なら課長)を真っすぐ見つめましょう。

一発芸ができる曲

『SAY YES』(チャゲ&飛鳥)

チャゲ&飛鳥の名曲『SAY YES』を、なるべく情感たっぷりに歌い上げましょう。

出来れば、事前に曲を何度も聴きこんで、モノマネできるくらいになっているのが望ましいです。

が、そこまで頑張らなくても、ウケる方法があります。

歌い終わったら、最後に絶叫。

「僕は死にましぇーん!!」

そうです。『SAY YES』といえば、浅野温子&武田徹也主演のドラマ『101回目のプロポーズ』です。

アラサー・アラフォーであれば、名台詞の登場に思わず大爆笑。かなり酔いがまわった状況であると、なお望ましいです。

『パラダイス銀河』(光GENJI)

特にサラリーマンにお勧めなのが、光GENJIの『パラダイス銀河』。

なぜ、サラリーマンなのかというと、頭にネクタイを巻けば、それがバンダナ替わりになって、即席・諸星和己(かーくん)の出来上がりだからです。

一人でやる勇気がない場合には、他の光GENJI世代も巻き込みましょう。

周りを巻き込める曲

周りを巻き込める曲で特にお勧めなのは、『ドリフの早口言葉』。「8時だヨ!全員集合」の人気コーナーで使われていたあの曲です。

カラオケで歌う場合、事前に次の早口ことばが字幕で出ますので、適宜マイクを周りの人にまわして、皆で楽しみましょう。

おわりに

いかがでしょう。カラオケでウケが狙える歌についてご理解いただけたでしょうか。

当記事を参考に、カラオケを楽しんでいただけると幸いです。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。