生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3. 今だからこその原点回帰…本物の“ゆるさ”が滲み出る「ハンタマくん」

今だからこその原点回帰…本物の“ゆるさ”が滲み出る「ハンタマくん」

2013年11月19日作成

 views

突然ですが、「ゆるキャラ」の本来の定義ってご存知ですか?

命名者のみうらじゅんさん曰く、ゆるキャラには

「プロが商品開発のことを考えて、リサーチしたりせず、行政や市民といったキャラクター作りの素人が作るがゆえのゆるさ

が必要であるとされています。

しかし、最近は頑張りすぎるあまり、少しキッチリし過ぎなゆるキャラが増えてきているかもしれません。そんな今だからこそ、必要なのは原点回帰!本物のゆるさを思い出してもらうべく、今回は、みうらじゅんさんにゆるさの面で最高級の評価を受けた「ハンタマくん」をご紹介しますよ。

目次

「ハンタマくん」って誰?

「ハンタマくん」の見た目はゆるい

ハンタマくんは、栃木県の那須塩原にある「ハンターマウンテン塩原」というスキー場のキャラクターです。見ての通り、運営さんのゴリゴリした圧を全く感じさせない”ゆるい”見た目が特徴です。

ハンタマくんの名前の由来

「なんでスキー場に卵のキャラクター?」と訝しむ方も多いかもしれませんが、理由は簡単。所属するのが「”ハンタ””マ”ウンテン」ということで、「ハンタマ=半卵」となっているのです。

「半熟玉子」でハンタマくんではありませんよ。

また、よく見ると左手で自分に塩をふりかけているのが分かるかと思いますが、これは、「塩をパラパラ塩パラ塩原」を意識してのことらしいですよ。

ちなみに、「ハンターマウンテン塩原」自体の公式略称(?)も「ハンタマ」です(よく見ると「ー」と「ウンテン塩原」と小さく書かれていますが)。

プロフィールもゆるい

そして、キッチリ固められすぎていないプロフィールも魅力の一つ。公式発表によると、

性別:たぶん男の子
出身地:栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
誕生日:沸騰後10分以上8歳未満

だそうです。

また、「一説によると、ゆでたまごを半分に切って、ソースで目を描いたら手と足が生えてきた」という噂が囁かれていて、片割れは双子の妹になったと言われています(ただし、実は弟なのではないか、とも噂されています※後述)。

スキーをした後に塩原温泉郷に行き、ゆだりすぎて温泉ハンタマになっちゃうこともあるらしいですよ。

特技はスキーと「塩パラパラ・ダンス」

そんなユルユルなハンタマくんですが、さすがはスキー場のマスコット、スキーやスノーボードといったウィンタースポーツはもっぱら得意なようです。

しかし特筆すべきは、もう一つの特技である「塩パラパラ・ダンス」。「塩パラパラ」と頭についているように、普通のパラパラダンスと違って、左手にもった塩を自分にふりかけながら踊るのです。

頭に塩をふると、なぜか「しおパラしおパラ」という音がするとも言われています。

”ゆるさ”を裏打ちする確かな実績

「ゆるキャラ日本一決定戦」では最高評価のゆるさ

冒頭でも紹介しましたが、ハンタマくんのゆるさは「ゆるキャラ」の名付け親であるみうらじゅんさんにも高く評価されています。2006年に行われたみうらじゅんさんプレゼンツの「ゆるキャラ日本一決定戦」で、「ゆるさ」だけで競った第1ラウンドを、最高得点の96点(100点満点中)で通過しているのです。

「世界のスキーリゾートマスコット特集」でも日本代表に(?)

また、海外サイトの「世界のスキーリゾートマスコット特集」でも日本代表(?)として選出されています。オチとしてですが。

仲間もたくさん

ここまで「ハンタマくん」がさも単一のキャラクターかのように扱ってきましたが、実はハンタマくんには世界各国に仲間がいるのです。

今やメインの座を奪った「ニューヨークハンタマくん」

「ニューヨークハンタマくん」は、2005年にアメリカのニューヨークから来日したハンタマくんです。アメリカの国旗柄のシルクハットをかぶっているのが特徴で、地元ニューヨークでは同名の「ハンターマウンテン」というスキー場でプロスキーヤーとして活躍していました。

ちなみに、ニューヨークには「ハンターマウンテン・スキーボール」というスキー場があって、塩原のスキー場はそこと提携してオープンしたので「ハンターマウンテン」の名前がついています。

しかし、このニューヨークハンタマくん、今やもともと活躍していたハンタマくんを押しのけて、「ハンターマウンテン塩原のマスコット」の座を奪ってしまったのです。こちらのサイトではさも当然かのようにスキー場の案内をしていますし、最近開かれたイベントでも代表として参加しています。

そして、挙句の果てにはハンターマウンテン塩原に遊びに来た子どもたちの人気まで奪ってしまうという始末…プレーンなハンタマくんは今どこで何をしているのでしょうか?

美味しく染まった「あじたまくん」

あじたまくんは、醤油で体が美味しそうな茶色に染まってしまったハンタマくんです。

実はこのあじたまくん、元はプレーンな普通のハンタマくんでした。しかしある時、レストランのお手伝いで醤油を温めていたのですが、足を滑らせて醤油の中に落ちてしまったのです。すぐ上がればよかったものを、ハンタマくんは温泉好きだったため、醤油の中でのんびりくつろいでしまいました。そのため、気がついた時には、茶色いあじたまくんに変身していたというわけです。

うっかり者なハンタマくんらしいエピソードですね。

しかしこのハンタマくん(あじたまくん)、実は本物のハンタマくんの片割れである「もう半分のハンタマくん」だったのです。公式では「片割れは女の子」とされていますが、実は男の子だったのかもしれません。

塩原20周年を祝った各国の仲間たち

2006年の「ハンターマウンテン塩原20周年」の際には、世界中のハンタマくんのお友達が塩原までお祝いに駆けつけました。メキシコ、中国、イギリス、インド、アメリカのインディアンという5人(?)のハンタマくんがやってきたそうですが、それぞれハンターマウンテン塩原のレストランで自分の国の料理を振る舞ったそうですよ。

ただし、イギリスのハンタマくんは料理が苦手だったので料理は振る舞わず、スキーだけを楽しんだそうです。

一流のスキーヤーな「イタリアハンタマくん」

また、2008年には、その年の3月に開催された「ハンターズカップ2008」に参加するために、イタリアからもハンタマくんが来日しました。その時も、以前訪れた4人のハンタマくんと同じく、お国の料理も振る舞ってくれたそうです。

環境にやさしい「エコたまくん」

所変わってハンターマウンテン塩原のおみやげコーナーには、頭から緑の双葉が生えた「エコたまくん」も在籍していますよ。

おわりに

本物のゆるキャラとしてゆるキャラ界を大いに牽引したハンタマくん。みうらじゅんさんによって「日本一決定戦」が開かれたあの日から仲間も増え、ますます目が離せない存在になっています。

今、本当に注目すべきは、くまモンでもふなっしーでもなく、もしかするとこの”古き良き”卵なのかもしれませんね。

本記事は、2013年11月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る