生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 簡単!葬儀後の清め方

簡単!葬儀後の清め方

2013年11月18日作成

 views

葬儀後、どのように身を清めたらよいのか、ご存知でしょうか?今回は、清め塩を使った身の清め方をご紹介します。

目次

あなたが清めた時の詳細

  • 故人:友人の実父
  • 喪主:友人
  • タイミング:帰宅後
  • 場所:自宅の玄関前
  • 用意したもの:塩

葬儀後に身を清める方法

STEP1:塩を用意する

多くの場合、葬儀の最後に配られる会葬御礼の挨拶状と一緒に、小さな塩の包みが入っています。

仏教では、死は「不浄」ではないため、葬儀後にお清めをする必要はないと考えています。そのため、宗派によっては、塩が入っていない場合もあります。

STEP2:体に塩をかける

自分の胸、背中、足元の順に塩をふります。同居家族がいる場合には、家族の方にお願いします。単身の場合には、自分で行います。

家の中に不浄を入れないためですので、必ず、玄関に入る前に行ってください。

STEP3:塩を踏む

最後に、足元の塩を踏みます。

注意点

神道では、死を穢れと考える一方で、仏教では死は成仏、つまり「仏に成る」ため、不浄ではないと考えています。そのため、近年では塩による清めは不要だという主張も多くなってきています。

その流れから、塩の小袋をつけていない場合も増えているようです。自分は絶対にお清めをしたいという単身の方は、あらかじめ自分で塩を用意しておくことをおすすめします。

おわりに

お清めをするかどうかは、自分自身の気持ちや信条によるものですので、近年の主張に関わらず、自分自身で決めてかまいません。

やはり、葬儀後はお清めをしたいという方は今でも多いです。そのようなみなさんが、安心してお清めできる一助になれば、幸いです。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131114192416 5284a4d0360a4 thumbnail

本記事は、2013年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る