生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 葬儀後に身を清める方法

葬儀後に身を清める方法

2013年11月18日作成

 views

著者は葬式に参列した後、死の穢れを家に持ち込まないために浄めを行います。今回は、著者が行っているお浄めの方法を紹介します。

目次

著者が浄めた時の詳細

  • 故人:祖母
  • 喪主:著者の伯父
  • タイミング:葬儀が終わって家についたとき
  • 場所:自分の家の玄関
  • 用意したもの:塩

葬儀後に身を清める方法

STEP1:玄関前で塩を手に取る

家に入る前、葬儀場で配られた塩を手に取ります。もし、葬儀場で配られなかった場合は自宅の塩で大丈夫です。

STEP2:塩を肩に振りかける

塩を肩に振りかけます。人によっては胸と足元にも振りかけたり、玄関先に塩をまいて踏みしめる方法を取る方もいるようです。

これでお浄めは完了です。

注意点

お浄めの塩は、本来死の穢れを払うために行いますが、宗派(特に浄土真宗)によっては、死は穢れではないという考えもあります。また、親しい間柄の人の死を穢れとしてとらえることに抵抗がある人もいます。

そのため、お浄めの塩を配らない葬式も少なくありません。お浄めを行うかどうかは土地の風俗や習慣、宗教、間柄など様々な要因が関わってきますので、ご自分の気持ちに沿って行うかどうかを決めればよいかと思います。

おわりに

今回は葬儀後の身の浄め方について説明しました。実施される場合の参考になれば幸いです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20131118171643 5289ccebe2e8a thumbnail

本記事は、2013年11月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る